ブログ内検索


  • 風音の書庫内の検索が出来ます。

最近のトラックバック

カウンター


  • 累計
    本日
    昨日

    RSS feed meter for http://kazane.cocolog-nifty.com/blog/

    R S S T I M E S

« ハーボットと | トップページ | 旅のお供に連れて行く本?? »

2004/09/13

風の王国 天の玉座

毛利志生子 集英社

唐の時代、チベットに降嫁した文成公主が主人公の2巻目。落ち着いて読める物語です。主人公の成長もあり、様々な事件あり、恋愛もありといった感じでしょうか? 簡単に調べてみると歴史的には、かなり大変な目にあうようなので、ちょっと心配です。以下ネタバレ。

別に驚きはしないものの、これで主人公は既婚者に。少女小説だけあって、コバルトはあんまり結婚した後の話って無いと思うんですが(流血女神伝とかは特殊でしょう)、これは結婚しないと話にならない。ラブラブだけど、文化習慣がかなり違う夫と、難しい政治的状況をどう対応していくのか?先が楽しみです。
チベット史の知識は全然無いのに、おおまかなこの後の彼女の運命を調べてしまったので、この後どうやって歴史的事実とすりあわせていくのか?にもかなり興味あります。

これを機にチベット史を読んでみようかなと考え中です。あまりにもわからなすぎて、ちょっと悔しいです。

« ハーボットと | トップページ | 旅のお供に連れて行く本?? »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52721/1428620

この記事へのトラックバック一覧です: 風の王国 天の玉座:

« ハーボットと | トップページ | 旅のお供に連れて行く本?? »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近読んだ本

BlogPeople


  • BlogPeople検索


    幻想水滸伝

Amazon



  • Amazonサーチ
    サーチ:
    キーワード:
    Amazon.co.jpアソシエイト
無料ブログはココログ