ブログ内検索


  • 風音の書庫内の検索が出来ます。

最近のトラックバック

カウンター


  • 累計
    本日
    昨日

    RSS feed meter for http://kazane.cocolog-nifty.com/blog/

    R S S T I M E S

« 王国の鍵6 | トップページ | 烈風覇王剣 暗夜鬼譚 »

2004/12/24

星界の戦旗4 軋む時空

2巻の感想はこちら。今回はあとがきにもある通り、ラフィールとジントの影は薄く、戦闘の話が中心です。二人が好きなのでちょっと寂しいですが、新たにラフィールの弟ドゥヒール視点が入ってきました。

やっぱりこれはドゥヒールの部隊は孤立するという方向に行くのでしょうね。…しかしラフィールに対するみんなの態度は皇族相手であるからと思っていましたが、ドゥヒールと回りの人々の話の感じからして、ラフィールは特別のようです。そういう強烈な姉を持ったドゥヒールはちょっと気の毒です。
今回は大きく話が動く巻なのですが、どうも私がSF的なあたりをまったく理解してないので、戦闘の流れがまったくわかりません。わからなくても面白いのでいいやと思ってきたのですが、今後もこれで大丈夫なのかちょっと不安です。敵が侵入してきた…ってどのくらい危険なの?という状態です。とりあえず政治関係はきっちり押さえておけば楽しめると思うのですが…。

星界の戦旗 4 (4)
森岡 浩之

早川書房
2004-12
売り上げランキング 7
おすすめ平均 

Amazonで詳しく見る
   by G-Tools


本題とはまったく関係ありませんが、どうしてもコバルトの新刊が早く読みたくて今日早売り本屋へ行ってきました。明日発売のコバルトゲット…は良いとして、どうして来週発売のビーンズが? どうも本の流通は良くわかりません。幸せは幸せなんですが。

« 王国の鍵6 | トップページ | 烈風覇王剣 暗夜鬼譚 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52721/2365067

この記事へのトラックバック一覧です: 星界の戦旗4 軋む時空:

« 王国の鍵6 | トップページ | 烈風覇王剣 暗夜鬼譚 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近読んだ本

BlogPeople


  • BlogPeople検索


    幻想水滸伝

Amazon



  • Amazonサーチ
    サーチ:
    キーワード:
    Amazon.co.jpアソシエイト
無料ブログはココログ