ブログ内検索


  • 風音の書庫内の検索が出来ます。

最近のトラックバック

カウンター


  • 累計
    本日
    昨日

    RSS feed meter for http://kazane.cocolog-nifty.com/blog/

    R S S T I M E S

« 百万の手 | トップページ | 雑誌コバルト2月号 »

2005/01/17

虚剣

雑誌掲載時に読んでいたので、後回しになってました。須賀しのぶの柳生もの。尾張柳生の五世宗家柳生連也が主人公です。宗矩と十兵衛はちょっと知ってますが、この人は全然知りませんでした。後書きに剣豪小説ではないと書いてあります。私は剣豪小説を読んだことがないので、比較出来ないのですが、剣豪小説ではないにしてもコバルトっぽくないのは確かです。
剣に打ち込む連也のストイックさがいいです。ほとんど余計なことには目もくれず、ひたすら剣をみがく連也。彼の唯一の迷いは…。以下ネタバレ。

剣一筋、剣至上主義はいいとして、修羅の剣っていうのもあんまりコバルトっぽくない気がする。愛を捨てて剣に生きるのも。まあ確かにこのタイプ、主人公としてはとても好きだけど自分の回りにいたらつらいです。
そして連也の苦悩は天才の苦悩。宗矩の苦悩はそこに届かない故の苦悩です。ここに出てくる柳生の人たちは連也と同じくらい才能があったら、みんな修羅の道を進みそうです。

これはこの話で一冊に綺麗に収まっていると思うので、特に続編は希望しません。が、別の視点から主人公を変えて…とかなら読んでみたい気もします。

虚剣
須賀 しのぶ 梶原 にき

集英社 2004-12-25
売り上げランキング 6,542

Amazonで詳しく見る
  by G-Tools


« 百万の手 | トップページ | 雑誌コバルト2月号 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52721/2606214

この記事へのトラックバック一覧です: 虚剣:

« 百万の手 | トップページ | 雑誌コバルト2月号 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近読んだ本

BlogPeople


  • BlogPeople検索


    幻想水滸伝

Amazon



  • Amazonサーチ
    サーチ:
    キーワード:
    Amazon.co.jpアソシエイト
無料ブログはココログ