ブログ内検索


  • 風音の書庫内の検索が出来ます。

最近のトラックバック

カウンター


  • 累計
    本日
    昨日

    RSS feed meter for http://kazane.cocolog-nifty.com/blog/

    R S S T I M E S

« DEATH NOTE5 | トップページ | ブラック・ベルベット »

2005/02/13

空ノ鐘の響く惑星で6

前巻の感想→こちら。前回怒濤の展開だったため、続きを待っていました。出るの早いですね。
今回は比較的世界の謎であるSF方面の話が進んだという印象です。そして西の大国ラトロアはSF展開的にも政治的にも重要なようです。

時間の流れに差がある(あるいは流れに歪みがある)平行宇宙もののようですね。リセリナの肖像を始めとするさまざまな証拠が集まる瞬間が楽しみです。どうやらリセリナ達の世界はこの地球の未来の姿のようです。更に遺伝子工学などが進んだ世界ということになるのでしょうか? 民主主義が残っていたり全然なかったり。ラトロアがもともと転移してきた人々の国で、アルセイフは比較的新しい国だったりするんでしょうか?
そしてフェリオが人並みはずれて強い理由と今回登場のハーミットと似ている理由も気になります。
ウルクですが、完全に記憶をなくしている状態ではないようです。フェリオに関して少し知り合いだった感触を感じているようですし。記憶がそのうち戻るといいんですけど、戻らなくても再びフェリオを大切な人だと感じてくれるといいなと思います。とりあえず今の危機を脱してからですね。

空ノ鐘の響く惑星(ほし)で (6)
渡瀬 草一郎

メディアワークス 2005-02
売り上げランキング : 149

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

« DEATH NOTE5 | トップページ | ブラック・ベルベット »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52721/2913721

この記事へのトラックバック一覧です: 空ノ鐘の響く惑星で6:

« DEATH NOTE5 | トップページ | ブラック・ベルベット »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近読んだ本

BlogPeople


  • BlogPeople検索


    幻想水滸伝

Amazon



  • Amazonサーチ
    サーチ:
    キーワード:
    Amazon.co.jpアソシエイト
無料ブログはココログ