ブログ内検索


  • 風音の書庫内の検索が出来ます。

最近のトラックバック

カウンター


  • 累計
    本日
    昨日

    RSS feed meter for http://kazane.cocolog-nifty.com/blog/

    R S S T I M E S

« 2005年3月 | トップページ | 2005年5月 »

2005/04/30

ブログサービス2

その1で書いた他に好奇心に負けてexciteでも作ってみました。テンプレートは多いしなかなか使いやすいブログですね。パスワードかけられないのとアフィリエイトが出来ないらしいのがマイナスかなと思います。

個人的にはサブドメインと投稿者名の問題が気になります。初めに登録したIDがそのままサブドメインと登録者名になってしまうブログは結構使いにくいです。初めに明記しておいてくれないと適当な名前で作ってしまうことがあるので…。livedoorとgooとexciteがそうですね。特に投稿者名は後で設定させてもらえると嬉しいんですが、なかなか難しそうです。

王の星を戴冠せよ

マグダミリア三つの星1(感想はこちら)の大幅改稿版。最後に短い短編がついています。買うかどうかまよっていたのですが、ちょっと立ち読みしてほとんど書き直しでは?というほど文章が違っているようでしたので、購入。基本的な筋は同じですが、文章や描写が違っているので、印象が違います。まだ半分なので何とも言えませんが、今のところ前よりずっと面白くなっているという感想になります。以下ネタバレ感想。

アルフォンスの描写がかなり詳しくなっています。王宮を抜け出すまでのわがままやキースに対する無知から来る思いやりの無さがかかれて、前よりキースがなぜ入れ替わろうなんて思ったのか…という辺りが理解しやすいです。そしてパルメニアの歴史とか宗教や風習のあたりもシリーズ通して読んでいると楽しいですね。

おまけの外伝。この内容からいうとキースってオリエとナリスの子孫なんですね? 時代が違うシリーズもののお楽しみですね。そしてここでも思いやりが足りないアル…本編の成長を見た後に読むので、更にひどく感じます。

次の巻がどんな風になっているか楽しみです。

バルビザンデの宝冠 王の星を戴冠せよ
高殿 円

角川書店 2005-04-28
売り上げランキング : 1,525

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

2005/04/27

トルコで私も考えた4

トルコ人と結婚した漫画家のエッセイマンガ。この作者は子供の頃りぼんで連載していたので、懐かしいです。

1巻でトルコへ旅立ち…結婚出産を経て、4巻では日本で暮らしながらトルコで暮らしていた頃の話やトルコへ行った時の話が出てきます。もう作者もかなりトルコに慣れているので、初めの頃のこんな風に違う!という驚きはありませんが、やっぱり文化風習の違いは面白いですね。

トルコで私も考えた 4 (4)
高橋 由佳利

集英社 2005-04-19
売り上げランキング : 681
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

根津神社つつじ祭り(BlogPet)

しろが風音が上野公園まで風音と圧倒♪
風音はゴールデンウィークは加工ー!

なんだか最近色んなブログを借りるのに凝ってます。
書くことじゃないです。
借りることです。
今のところココログ以外はSeesaaとライブドアは使いやすくて、悪くないです。
一つのIDでいくつも使える機能が多くて、借りたものの一部は友人たちとのパスワード付きブログとして楽しんだりしています。
詳しいブログ比較サイトもあるのですが、前はBlogPetとか使えないのがいまいちでした。
当分ココログから引っ越しする気もなくて、しょうがないです。
CSSが出来れば少しは違うようですけどね〜。
AutoPageは初心者でも使えるのもありますけど。
Seesaaは非常に使いやすいブログだと思います。
CSSをいじったり出来ますが、それぞれの出来ることが微妙に違うので気になって、借りたものの一部は友人たちとのパスワード付きブログとして楽しんだりしてみたくなるんですよね〜。

*このエントリは、BlogPetの「しろ」が書きました。

2005/04/24

根津神社つつじ祭り

根津神社つつじ祭りへ行ってきました。去年ゴールデンウィークに行ったとき、ちょうど遅咲きの時期だったのですが、今週はちょうど満開でした。今こそ見頃です。

PICT1154sa

ちょっと写真を載せてみます。実際は丸い満開のつつじがたくさん並んでいて圧倒されます。もっと良く写ってる写真もあるのですが、何しろ人が混みすぎていて、進まない場所もあるほどだったので、写真にも誰だかわかるような写り方のものがかなり多かったのであきらめました。加工すればいいんですが、ちょっと時間もないですし。

今の季節はちょうど気候が心地よいので見た目もこもこのかわいくて綺麗なつつじを満喫しました。触りたくなる丸さですよね。

その後天気がいいので、そのまま上野公園まで散歩。ちょうど上野公園は八重桜が満開で不忍池のほとりを骨董市をのぞきながらふらふらしました。花見が二回も出来てなかなかお得な1日でした。

2005/04/19

胡蝶の鏡 建築探偵桜井京介の事件簿(BlogPet)

きょう講談社で、平均したかった。
ここに見え隠れしたいです。

*このエントリは、BlogPetの「しろ」が書きました。

2005/04/18

ぷろぺら青空/異星人交差点 晴天なり1・2

文庫化です。コミックス持っていたのですが、未収録分が入っているのでついつい購入。私こういうの多すぎます…。

なんというか説明しづらい話なのですが、基本的に三つの高校の生徒達の人間模様です。短編で、こっちの主人公があっちの主人公の友人とかそういう感じです。大事件は起こらないのですが、登場人物の心に少し変化がおとずれるという話が多いです。背が高いこと低いこと、容姿にかかわること、潔癖な精神…そういうこだわりから起こる日常の出来事。それは本人にとっては事件です。繊細な描写が多くて雰囲気があるので、私は気に入っています。

ぷろぺら青空
藍川 さとる

新書館 2005-04
売り上げランキング : 2,964

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

異星人交差点(エイリアン・クロスロード)
藍川 さとる

新書館 2005-04
売り上げランキング : 2,965

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

2005/04/14

白い兎が逃げる

モロッコ水晶の謎(感想→こちら)を読んだあとで、こちらを読んでいないままだったことを思い出しました。で、本日読了。これも臨床犯罪学者火村が探偵のシリーズです。大丈夫だとは思っていましたが、やはりどちらを先に読んでも問題ない内容でした。

今回の表題作は時刻表ものだったのでそんなに好みではなく(あんまり好きではないんです)、ダイイングメッセージものが良かったです。いつもこの手の話はこじつけすぎ!!って思いますが、今回のはまあまあかなと感じました。展開も面白かったですし。

そろそろ長編が読みたいな~という気分です。学生アリスは無理にしても、火村でいいので長い話が読みたいですね。

白い兎が逃げる
有栖川 有栖

光文社 2003-11-18
売り上げランキング : 9,351
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ブログサービス

なんだか最近色んなブログを借りるのに凝ってます。書くことじゃないです。借りることです。迷惑なユーザーかもしれないんですが、それぞれの出来ることが微妙に違うので気になって、しょうがないです。

今のところココログ以外はSeesaaライブドアfc2gooAutoPageを体験してみました。もう退会したのもありますけど。
Seesaaは非常に使いやすいブログだと思います。CSSをいじったり出来ますが、知識がない私はノータッチ。それでも機能が豊富で、楽しいです。一つのIDでいくつも使えるのも嬉しいですね。ただテンプレートが少ないのが残念。
ライブドアは使いやすくて、テンプレートがいいです。デザイン重視ならここがいいのではないでしょうか?
fc2はデザインも豊富で楽しそうだったのですが、基本以上をやる場合絶対にCSSの知識が必要なようで、私には敷居が高かったですね。
gooは何もいじれないようです。CSSが出来れば少しは違うようですけど、私には無理でした。テンプレートは好みだったんですけどね~。
AutoPageは初心者でも使える機能が多くて、悪くないです。テンプレートはちょっと少なめです。今はわかりませんが、前はBlogPetとか使えないのがいまいちでした。

当分ココログから引っ越しする気もなくて、借りたものの一部は友人たちとのパスワード付きブログとして楽しんだりしています。詳しいブログ比較サイトもあるのですが、どうしても自分でも試してみたくなるんですよね~。

2005/04/12

胡蝶の鏡 建築探偵桜井京介の事件簿

ミステリー連続になりました、珍しいです。もう何冊出てるかわからない桜井京介のシリーズ最新刊です。長く続きすぎなせいか、最近は京介の秘密はどうでもいいやって気になりかかってますが、原罪の庭あたりまでは非常に好きでした。今でも好きなことには変わりありませんが…。

今回はヴェトナムの旧家が舞台です。複雑な歴史の爪痕と見え隠れする京介の影…といったところでしょうか。もうあんまりミステリーとは思っていないのですがストーリーは楽しめました。シリーズとしては京介の変化に注目!ですね。

胡蝶の鏡
篠田 真由美

講談社 2005-04-06
売り上げランキング : 297
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

2005/04/11

モロッコ水晶の謎

久しぶりにミステリー。推理小説家アリスが語り手、友人の臨床犯罪学者火村が探偵役のシリーズです。前回のスイス時計の謎が良かったので、期待していたのですが、今回は普通の国名シリーズという印象です。

いつも思うのですが、この作者の動機は弱いな~と感じます。今回の表題作とかもそうでした。推理部分がスマートに流れれば(というものの推理をしない読者なので感覚的にです)動機は薄くてもいいんですが、やっぱり納得させて欲しいです。今回は推理部分も普通という感じでした。
私はミステリーファンではないので、ミステリー的にどうなのかというのは良くわからないところではあるんですが…。

この作者が書いてる学生アリスシリーズ(パラレルで学生アリスが語り手、探偵役は先輩の江神)の方がピースがはまっていく感覚が爽快で、学生が主役なのでノスタルジックも感じて好きなのですが、続きでないのが残念です。

京都へ行ったとき、このシリーズ(推理小説家・学生両方)のせいで同志社大学のそばを通ると、ついつい観察してしまうんですよね~。楽しみにしているので、次の巻に期待したいです。

モロッコ水晶の謎
有栖川 有栖

講談社 2005-03-08
売り上げランキング : 638
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

京都へ

PICT1077 週末京都へ花見旅行に行ってきました。寺とか見るのが好きなので、結構京都へは行ってるんですが、桜の季節は初めてでした。紅葉の時と同じくすごい混雑でしたが、頑張って予約を取った甲斐がある綺麗さです。今年は東京もそうでしたが、急に暖かくなって一斉に開花したので、どこに行っても満開で見頃、日曜には花吹雪も堪能しました。

この写真はインクラインという場所です。廃線になった線路沿いに桜並木が続いていますが、ここはその端っこです。琵琶湖の疎水が見えてとてもいい眺めでした。京都の桜は立派な樹が多くて、最後には少しくらい大きな樹でもあまり気にしないという贅沢な花見旅行で楽しかったです。

こういうものが好き(BlogPet)

きのうしろが、山積みするつもりだった?

*このエントリは、BlogPetの「しろ」が書きました。

2005/04/06

DEATH NOTE6

雑誌で立ち読みもしてるので、新鮮さのない感想になります。今回の駆け引きはドキドキですね。ますます誰を応援すべきなのかわからない展開です。確かにある意味純粋なミサとライトなのか。目的のためにはあんまり手段を選ばないLも正義といえば正義だし。ライトの父が一番共感しやすいかな…。以下ネタバレ。

今のライトは本当の意味で正義のために動くライトなんですよね。目的のためには手段を選ばなすぎる黒いライトより、こっちのが見ていて嬉しいのですが、キラとしてのライトのが生き生きしてるんですよね。記憶を取り戻さない方がいいんだけど、やっぱり策謀にのめり込んでる方が話が面白いです。
レムとミサが一番純粋かな~。人間に動かされてる死神っていうのも、ちょっと不思議ですね。

DEATH NOTE 6 (6)
大場 つぐみ 小畑 健

集英社 2005-04-04
売り上げランキング : 2
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

2005/04/05

こういうものが好き

機能がたくさんついてる機械に弱いんです~。電化製品買うときはいつもカタログ山積みにして比較検討します。だいたい新しくて機能がたくさんついて、小さいものに走ります。

今回はMDウォークマンは壊れたし、iPodは流行ってるしというわけで、メモリタイプのオーディオプレイヤーを購入。…そんな音楽好きってわけでもないんですが、ポータブルオーディオはあると楽しいんですよね。MDは曲名とか打ち込むのが飽き飽きしていたので、MP3は快適です。

今回は小さいこと、画面があって曲名とか確認出来ること、USBストレージクラスで直にさせること、連続演奏時間が長いことあたりがポイントでした。ついでにFMもついているし。これは新製品なのですが、今のところ問題なく動いています。文句があるとすれば付属のイヤホンですね。音質とかは私にはわからないんですが、大きすぎます。すぐに耳からはずれてしまう…これだけ別に買うしかないですね。

512MBなので、結構入ります。映画のサントラとアニメのベストと普通のポップス適当に放り込み!とか出来ていいですね。今CD8~9枚分好みで切り替えしてなかなか楽しいです。MDやCD、カセットよりいいのはこういうところですよね~。でもシルバーにするはずが、なぜかレッドを指定した自分の心理は謎です…。

Rio メモリプレーヤー Unite 512MB レッド [Unite130-512R]

Rio 2005-04-01
売り上げランキング : 813

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

2005/04/03

彼氏彼女の事情20(BlogPet)

しろが納得された。


*このエントリは、BlogPetの「しろ」が書きました。

アダ戦記4

ファンタジックな世界。月鬼と呼ばれる化け物が人々をおびやかしている世界です。呪われた子としてずっと監禁されてきたアダとある国の王である朔夜姫そして姫の婚約者にして近衛でもある日下彦。更に魔術師の足日が加わって、突然始まった旅は続いてきました。以下ネタバレ。

やっぱりここは地球…しかも未来のようです。どうもこの作者さんはSFな人らしく、エルナサーガの時もそうでしたが異世界ファンタジーとみせかけて…のパターンのようです。今回は太陽系スペースシャトルと出てきて水星がないので、太陽が大きくなり始めた時代ですね。
今回も日下彦が気に入っています。野心あるくせに朔夜姫に一途で不器用な彼は幸せになって欲しいものですが…。
アダは今後もっと人間らしい心を持つようになるのか? キーパーソンなのでここが一番気になりますね。

アダ戦記 4 (4)
堤 抄子

スタジオディーエヌエー 2005-01
売り上げランキング : 9,931

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

2005/04/01

鉄壱智1

なるしまゆりの新作です。山の神夜長彦と暮らす少年鉄壱智。彼もまた神ではあるらしいのですが…。そして人間の側は不穏な気配がする都があり、都に知られていない神夜長彦を探っている人々あり…面白そうな気配があちこちにありますが、まだまだ序盤といった感じです。この巻の最後で出逢った鉄壱智と恒河シャによって、物語は進んでいきそうです。今後に期待。

鉄壱智 1 (1)
なるしま ゆり

スタジオディーエヌエー 2005-03-25
売り上げランキング : 1,173
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

« 2005年3月 | トップページ | 2005年5月 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近読んだ本

BlogPeople


  • BlogPeople検索


    幻想水滸伝

Amazon



  • Amazonサーチ
    サーチ:
    キーワード:
    Amazon.co.jpアソシエイト
無料ブログはココログ