ブログ内検索


  • 風音の書庫内の検索が出来ます。

最近のトラックバック

カウンター


  • 累計
    本日
    昨日

    RSS feed meter for http://kazane.cocolog-nifty.com/blog/

    R S S T I M E S

« 2005年4月 | トップページ | 2005年6月 »

2005/05/31

永遠はわが王のために

前の巻の感想→こちら。改稿版完結編。かなり描写が変わっているので、印象が違います。同じストーリーでもどのように表すかでかなり違うものになる…ということですね。以下ネタバレ。

アルとマウリシオとキースの描写が詳しくなったのが嬉しいです。この続編の関係もあって個人的にはキースが気に入っているので、もうちょっとキース出してくれると良かったです。…というかアルとマウリシオのラブラブっぷりが見ていてちょっと恥ずかしいだけかも。
ラストのおまけの短編は…マウリシオに呆れつつ楽しみましたが、シリアスさはカケラもなくなってしまったような…。

遠征王シリーズが出ているためにアイオリア関係の話が多く出てきたのも楽しいところ。謎の多い女王…まあ、そうでしょうね。そして壊される城は笑えました。いや、重要な話なんですけどね。

やっぱり初代の三星たちの話も読みたいです。シングレオとか楽しそうなのに雑誌掲載短編にもいなかったし。

4044450137 ミゼリコルドの聖杖 永遠はわが王のために
高殿 円

角川書店 2005-05-29
売り上げランキング : 3,827

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

2005/05/29

彩雲国物語 朱にまじわれば紅

前の巻の感想→こちら。今回は短編集です。書き下ろしもありますが、メインは雑誌掲載分です(改稿があるようです)。雑誌を買っていたので、ついつい積ん読にしてましたが、書き下ろしも含めて楽しめました。短編集といいつつ、結構本編の間を埋めるような話もあるので、このシリーズ好きな方は読んでおくべきですね。以下ちょっとネタバレ。

後書きで書かれてますが、秀麗のお母さんが影の主役ですね。やっぱりお母さんはただ者ではなさそうな感じです。仙人系でしょうか? ただ者ではない人だらけなことをちょっと心配しつつ、次の巻に期待します。

4044499063 彩雲国物語 朱にまじわれば紅
雪乃 紗衣

角川書店 2005-04-28
売り上げランキング : 1,211
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

銃姫4(BlogPet)

しろは、セと展開された!

*このエントリは、BlogPetの「しろ」が書きました。

2005/05/28

銃姫4

前の巻の感想→ここ。セドリックに対して救いがない展開ですね~。以下ネタバレ。

困っている人を助ける研究者になるという美しい目標の結果がむごい。エルとアンの正体も…セドリックに対しては重くのしかかってくるでしょう。逃げる選択肢も許されない彼はどうするんでしょうか?
アンにつきつけられた現実もむごいですね。プルートの語ったことはおそらく真実の一部でしょうね。国を思うなら結婚するのが良さそうですが…。次の巻でいったんケリがつくとのことですが…この辺りもケリがつくんですかね?

4840112622 銃姫 (4)
高殿 円

メディアファクトリー 2005-05
売り上げランキング : 1,247

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

2005/05/22

ユージニア

金沢とおもわれる街の旧家で起きた大量毒殺事件。十年以上のち、この事件に取材して出されたフィクションともノンフィクションともつかない小説。事件や本に関わりがあった人々が一章ごとに語っていくタイプの小説です。
事件の中心に位置する少女が印象的です。

とても恩田陸らしい終わり方…といえば、今まで読んできた方ならわかると思います。今回は私はこれが気にならないくらいに作品世界に酔うことが出来なかったのが残念。もともとあまり恩田陸に向いてない読者なのかもしれません。
それでも今回も歴史ある街と旧家の描写は魅力的でした。

404873573X ユージニア
恩田 陸

角川書店 2005-02-03
売り上げランキング : 8,175
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

2005/05/21

結晶物語1(BlogPet)

しろはここで作家も掲載したかった。
風音とキーパーも解決するはずだったみたい。
風音はここまで解決しなかった?

*このエントリは、BlogPetの「しろ」が書きました。

2005/05/19

上野動物園

子供の頃、あまりにも連れて行かれて飽きてしまい中学生くらいから行った記憶がない場所、上野動物園。上野がかなり近くてちょっと買い物…とかに利用してるわりに今まで縁がありませんでした。急に行く気になったのは上野にパンダがいなくなるというニュースを聞いたためです。結構ミーハーなので、気になると見に行きたくなります。

ひさしぶりの動物園はなかなか楽しい場所でした。幼稚園保育園の遠足で来ている子供たちにまぎれて、大人げなく楽しんできました。うさぎのだっこが出来なかった(子供が並んでいたので断念)のがちょっと残念でした。でも旭山動物園の発想を応用したという(前日新聞でたまたま読んでました)カワウソの展示は楽しかったですし、硝子張りですぐ近くに虎が見られたり、昔とは違うんですね。

PICT1332s 上野といえばパンダ! というわけで写真はやっぱりこれです。このパンダはメキシコから借りているシュアンシュアンという女の子です。午前中はぬいぐるみのように身動き一つしませんでしたが、午後はそれなりに(?)アクティブでした。

2005/05/17

黄昏の楽園6

19世紀末ロンドン。大貴族で探偵かぶれのウィリアムと日本の華族珂月が主人公の探偵ものです。ウィリアムは知力体力権力を使った正当派の探偵、珂月は超能力系の解決となります。完全に対照的な二人が、ほぼ交互に事件を解決し、たまに協力し合うというスタイルです。

今回はウィリアムサイドは相棒リチャードが誘拐される話と舞台女優にまつわる話、珂月サイドは呪いのダイヤの話でした。
暗い主人公結構好きなんですが、これに関しては明るく強気なウィリアムがお気に入りです。今後もまわりを巻き込んで事件解決して欲しいものです。

4253191282 黄昏の楽園 6 (6)
伊庭 竹緒

秋田書店 2005-05-16
売り上げランキング : 21,211

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

家守綺譚

亡き友人の家守を頼まれた物書きの綿貫の日常。舞台は明治頃の京都と思われます。不思議な雰囲気の作品です。綿貫があるものはあるものと受け入れるためか、亡き友人高堂や小鬼や飼い犬ゴローなど、様々なものたちがふんわり日常生活に入り込んでいます。短編(数ページです)で、次々と不思議なことが起こりますが、この作品中では何も驚くべきことではないように感じられます。雰囲気が心地よいです。

気に入ったのは「サルスベリ」と「葡萄」。なんだかかわいいサルスベリが愛しく、所々で感じていた綿貫の気骨が現れる「葡萄」はラストにふさわしいと思います。この作者は初めて読んだのですが、他の作品も読んでみたいものです。

4104299030 家守綺譚
梨木 香歩

新潮社 2004-01
売り上げランキング : 1,926
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

2005/05/16

のだめカンタービレ12

前の感想→こちら。とうとう千秋は指揮者としてデビュー、一方のだめは壁にぶつかって…というところから始まるこの巻、とうとうこの時がって感じの展開ですね。以下ネタバレ。

もともと差が実力にも姿勢にも差がある千秋とのだめですが、才能はあるもののまだまだ学生であり基本的(だと思う)なところでつまづくのだめと子供の頃から意識的に音楽家を目指し勉強してきて今プロとして指揮をしはじめた千秋…。この二人今後どうするんでしょうね~。
と、思ったらやっと恋人同士になりましたね。やっと気がついたか千秋!って感じですね。まあのだめとつきあうのは大変だと思いますけど、もともとつきあってるようなもんだし…。

4063405443 のだめカンタービレ #12 (12)
二ノ宮 知子

講談社 2005-05-13
売り上げランキング : 1
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

2005/05/15

結晶物語1

好きな作家さんなのに、なぜか数ヶ月積ん読になってました。これの掲載紙が積ん読になっていたせいでもあるんですが…。やっぱり面白かったです。さっさと読めば良かった。人の感情を結晶化するという能力を持つ人と妖のハーフ凍雨、色々わけありな過去を持ち凍雨に協力せざるをえない黄龍、時を舐めとるという強大な力を持つ凍雨の父の3人がメインです。毎回ゲストで妖とそれにまつわる品物が出てきて、解決していくパターンですね。百年も生きているくせに、子供のようで人間の感情を理解しない凍雨がどう変化していくのか…。今後のキーパーソンはやっぱり黄龍だと思うんですが、今後が楽しみです。

4403540872 結晶物語 (1)
前田 栄

新書館 2005-01
売り上げランキング : 107,354
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

2005/05/13

ロマンシング・サガ(BlogPet)

しろはクリアすればよかった?

*このエントリは、BlogPetの「しろ」が書きました。

2005/05/08

ロマンシング・サガ

スーパーファミコン出ていた懐かしのロマンシング・サガが帰ってきたようですね。出るのを知ってから買うべきかずっと迷ってましたが、とうとう買ってしまいました。積み上がってる本は、借りてきたゲームは、たまってるビデオはどうするんだと思いつつ…。

私にはとても良くあることですが、スーファミ時代のものはクリアしてません。ただこれは飽きたのではなく(良くあることなんです)、どこかで詰まってしまってやり直さなかったような記憶があります。
ただ当時自由度の高いシステムに惹かれていましたし、バグは多かったものの新しいゲームを作ろうという思いを感じていたので、好印象なゲームでした。

今度こそクリアしたいものですが…誰で始めようかな…。

B0007P51VQ ロマンシング サガ -Minstrel Song-

スクウェア・エニックス 2005-04-21
売り上げランキング : 1
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る by G-Tools

2005/05/05

王の星を戴冠せよ(BlogPet)

きょうは角川書店が理解したいなぁ。

*このエントリは、BlogPetの「しろ」が書きました。

« 2005年4月 | トップページ | 2005年6月 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近読んだ本

BlogPeople


  • BlogPeople検索


    幻想水滸伝

Amazon



  • Amazonサーチ
    サーチ:
    キーワード:
    Amazon.co.jpアソシエイト
無料ブログはココログ