ブログ内検索


  • 風音の書庫内の検索が出来ます。

最近のトラックバック

カウンター


  • 累計
    本日
    昨日

    RSS feed meter for http://kazane.cocolog-nifty.com/blog/

    R S S T I M E S

« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »

2005/06/26

運命は剣を差し出す3

前の巻の感想→こちら。楽しみにしてましたが、やっと出ました。これでバンダル・アード=ケナードシリーズ第一部完ということらしいです。とりあえず同時並行で起こっていたいくつかの事件は解決しましたが、もっと読みたいです、これ。早く第二部始まらないかな~。以下ネタバレ。

ようやく謎だったタイトルの意味が判明。そうか~剣は隊長だったんですね。色んな意味で鋭いだろうシャリースとかなり有能と判明したヴァルベイドが組むと色々事件が解決しそうですが、今後はそういう展開なのでしょうか?
今回はマドゥ=アリが落ち着いていたので、良かった。2巻を読んで以来彼が幸せかどうか気になってしょうがないです。エルディルと穏やかに暮らして欲しいですね。
そしてラストの驚愕侯爵閣下事件とヴァルベイドの指揮官発言…驚きました。まさかこういう展開とは。

章の始めに来る隊員たちのイラストが良かったです。裏のお遊びも楽しかったし。

4125008922 運命は剣を差し出す (3)
駒崎 優

中央公論新社 2005-06
売り上げランキング : 278

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

恋刃―Lancet R/EVOLUTION (4th mission)

革命小説シリーズ第四弾。だいぶ登場人物が増えてきたので、時々誰だかわからない人が出てくるようになりました。最初の主人公だった亮司が出てくるとちょっと嬉しく感じたりしますが、他の歴代主人公達は特に気になっていない状態です。

全体的に楽しく読めましたが、サーシャが一人で異次元に行ってるのがかなりおもしろく感じ始めてます…。カッコつけてる謎の人って印象だったんですが…。

4575235172 恋刃―Lancet
五條 瑛

双葉社 2005-03
売り上げランキング : 32,651
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

2005/06/23

しゃにむにGO 20

前の巻の感想→こちら。いよいよ延久達も三年生です。今年こそ駿に勝たないと!…でも実力も根性もまだまだ駿のが一枚上手です。そしてクセのありそうな新入生達も楽しみです。以下ちょっとだけネタバレ。

延久が恋敵としておかしい…どうやって対抗していいかわからないと言う駿に笑いました~。確かにね! 特に駿では対応困るでしょう…対極だし。

4592180100 しゃにむにGO 20 (20)
羅川 真里茂

白泉社 2005-06-17
売り上げランキング : 871
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

2005/06/21

Musical Baton

友人のRed-ipsさんよりこんな企画が回ってきました。Musical Batonというらしいですが、知らなかった…。そんなに音楽好きでもないですが、面白そうなので乗ってみます。一部省略しますけど。

  • Total volume of music files on my computer (コンピュータに入ってる音楽ファイルの容量)
    わ~びっくり! 4.95 GBもありますよ!! なぜか買ったときからパソコン重いので再生することはほとんどなし。とりあえずCDがあったらMP3にする習慣のせいですね。最近MP3プレイヤー買ったので、やっと有効利用中。
  • Song playing right now (今聞いている曲)
    READY STEADY GO」L'Arc~en~Ciel…すみません、鋼の錬金術師のベストアルバムだったりします。ラルクは前は良く聞いていたので、ハガレン関わらなくても好きですよ(といいわけはしてみる)。
  • The last CD I bought (最後に買ったCD)
    正確に言うと買ってもらったですが「The PHANTOM of the OPERA」、映画オペラ座の怪人のサントラです。この映画は最近のお気に入り。DVDも買うと思います。話にふさわしく叫んでいたりするので落ち着いて聞くには向きません…。
  • Five songs(tunes) I listen to a lot, or that mean a lot to me (よく聞く、または特別な思い入れのある5曲)
    難しいですね…。う~ん。
    ・「BEYOND THE TIME」TM NETWORK『CAROL』収録。このアルバムを借りた頃からTMにはまり始めたという記憶があります。今でも時々カラオケで歌ったり。 
    ・「もう一度キスしたかった」B'z『The Ballads』収録。切ない別れの曲。納得している別れ…でも…って感じでしょうか。B'zはバラード系のが好きですね。
    ・「HAPPY DANCE」槇原敬之『Cicada』収録。別れの曲。暗くて明るいところが好みですね。別れの曲だけど前向きなのです。こんなのばっかり選ぶと暗い曲好きがバレます…。
    ・「Climb Ev'ry Mountian」『サウンドオブミュージック』収録。ミュージカルの名作サウンドオブミュージックの曲。私この映画がかなり好きでして、子供の頃から再放送の度に見てました。どの曲も選びたくないくらい好きですが、あえて一曲選ぶならこれで。
    ・「Over Drive」JUDY AND MARY『The Great Escape(ベスト)』収録。カラオケにはまっていたころ、良く歌っていた曲。懐かしい~。ちょうどキーが歌いやすかったこともあってお気に入りです。最近久しぶりにベストを借りてきて聞いたら、やっぱり気持ちいい曲です。

う~ん、ミスチルも好きだけど入らなかった。別に上の曲と比べて好き度が足りないわけでもなく思いついた順ってだけですね。

最後の質問は飛ばしてしまいます…。ここでバトンが途切れてしまうけど、許して…。そんなに音楽好きじゃなくても、五曲選べって言われると迷いますね。…好きなマンガとか好きな小説選べって言われたらもっと困るでしょうね。

2005/06/20

薬師アルジャン1(BlogPet)

きのうしろが、秋田に薬師が話する?

*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「しろ」が書きました。

ドラゴンクエスト-ダイの大冒険-

ドラゴンクエスト-ダイの大冒険-』かつてのジャンプ人気漫画です。なんだか懐かしくなって、土日を使って久しぶりに読み返しました。…やっぱり楽しかったです。ジャンプ長期連載にしては比較的綺麗に完結してるのも嬉しいところですね。ドラクエを元に勇者が魔王を倒すというシンプルなストーリーですが、だんだんオリジナルな雰囲気が強くなり、完結した頃には私はドラクエが元だということをちょっと忘れていたくらいです。
キャラの成長が早すぎ!とか、戦ったりすると結構簡単に友になってしまうのね!とかつっこみどころはあるものの、読み始めると止まりません。

気に入ってるのは世間で裏主人公とも言われてる魔法使いポップですね。やっぱりダイは強すぎて共感しにくいのでしょう。私は初めの頃はヒュンケル一押しでしたが、話が進むにしたがってポップひいきに。
36巻の「閃光のように」なんて、ポップが格好良すぎて…。最初の頃とは雲泥の差ですね~。もう続編を作りようがない話ではありますが、後日談が見たい話でもあります。無理でしょうけど…。

408872206X ドラゴンクエスト―ダイの大冒険 (36)
三条 陸

集英社 1997-04
売り上げランキング : 46,951
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

2005/06/17

ボクを包む月の光1-ぼく地球 次世代編-

かつて大ヒットした『ぼくの地球を守って』の続編です。亜梨子と輪の子供、蓮が主人公です。ぼく地球は好きでしたが、コミックスはもう手放してしまいました。でも本屋でこれを見かけたら、懐かしくてつい…。

やっぱりぼく地球読んでない人には、ちょっと厳しいかもしれないですね、これ。春彦も未来路も木蓮も紫苑も出てくるけど、あんまり説明がありません。読んでいた人にとってはとてもとても懐かしいですが…独立した作品としてはどうとらえるべきなのか悩みます。

それにしても読んでいるうちにぼく地球読みたくなってきたのは、困りました。手放してしまったのに…。愛蔵版でも買えという陰謀?
ぼく地球は輪が紫苑の夢を見るあたりまでが一番好きだったので、ラストまでテンションが維持出来なかったんですが…やっぱり読みたいな~。

4592182812 ボクを包む月の光 「ぼく地球」次世代編 1 (1)
日渡 早紀

白泉社 2005-06-17
売り上げランキング : 49

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

2005/06/16

花かんざし 時代ロマンシリーズ18

様々な時代の有名な人・無名な人・時々は人ならぬ者を描くシリーズです。今回は比較的新しい時代(古い話でも江戸時代)の京都の人々の話です。実在しない人物率も高く、新選組くらいしか有名な存在は出てこないですね。やっぱり大河ドラマ強し?でしょうか。

このシリーズは初期の頃の足利兄弟の話が特に好きでした。歴史上ああいう人だとは思わないですけど…。また戦国以前の話が読みたいです。鎌倉とか面白そうですけど、今やると義経になっちゃうかな~。

4253193021 花かんざし 時代ロマンシリーズ18
河村 恵利

秋田書店 2005-06-16
売り上げランキング : 11,987

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

2005/06/14

薬師アルジャン1

以前白泉社で書いていた山下友美さんの最新刊。薬剤師をやっていた方なので、その知識を生かしたファンタジーっぽい話です。

腕の良い薬師でありある秘密を持つアルジャンと姫君の物語。姫もアルジャンも健気かつ良い人なので幸せになって欲しいものですが、姫の父である国王がどうも怪しい…素直に娘思いと信じていいのでしょうか? 今後の展開が楽しみです。

4253195016 薬師アルジャン 1 (1)
山下 友美

秋田書店 2005-04-16
売り上げランキング : 9,252
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

2005/06/13

機動戦士Zガンダム 星を継ぐ者(BlogPet)

きょうしろが風音でライバルへ作成したいなぁ。
でも風音と除外するはずだったの。
しかし風音がバレに風音が逆襲♪

*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「しろ」が書きました。

2005/06/12

七姫物語 第三章-姫影交差

七つに分裂している東和という国。それぞれ一人ずつ巫女姫を掲げて、争う中の七人目の姫空澄姫が主人公のシリーズです。非常に説明しにくいのですが、政治軍事の話も出てきますが、それ以上に空澄姫の視点を通して語られる出来事が独特の柔らかい雰囲気があっておすすめです。あんまりこういうタイプのライトノベルはないと思います。

今回はサブタイトルにもあるとおり、他の姫達がたくさん出てきました。あとがきからすると今後は姫達がどんどん出てくる展開になりそうですね。

4840230455 七姫物語 (第3章)
高野 和

メディアワークス 2005-05
売り上げランキング : 1,639
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

2005/06/09

春季限定いちごタルト事件

書店で帯を見てなんとなく購入。これが当たりでした。なんとなくライトノベルっぽい雰囲気ながら、創元推理文庫。で、帯が「小市民を目指す」なので???となって購入しましたが、ラッキーな出逢いです。でもネットの書評とかで見かけていた気がするので、もっと早く読めば良かったです。
内容は人が死なないミステリーです。日常的な…でも不思議な謎を解く「目指せ小市民」な高校一年小鳩君と目立たないのに「目指せ小市民」の相方小佐内さんが、短編集通じての謎だと思います。事件に関わったりしないように注意してるくせに結局解決してしまう小鳩君はそういう星の下に生まれたと思って、諦めた方が良さそうですが…。以下ネタバレ。

「おいしいココアの作り方」が一番気に入りました。不精者には夢の解決法です。でもやっぱり後のことを考えると自分には出来ない…などと考えてる時点で私は不精者。でも健吾君は筋が通っていていいキャラです。
最後まで小鳩君と小佐内さんが過去に何をしたのかわからなかったのが、残念。特に小佐内さん、一体何があって何をしたんだろう…。見たいですね、小佐内さんの正体。

4488451012 春期限定いちごタルト事件
米澤 穂信

東京創元社 2004-12-18
売り上げランキング : 19,208
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

機動戦士Zガンダム 星を継ぐ者

昨日はレディースデイなので見てきました…が、レディースデイでこんなに女性が少ない映画は初めてです…。まず事前に言っておくと私のガンダム歴は、逆襲のシャア(テレビ放映)→F91(劇場)→ファースト劇場版(レンタル)→Z(レンタル)という妙なルートです(今やってるSEEDは除外)。しかもきちんとあらすじやキャラがわかるくらい見て覚えてるのは逆襲のシャアくらいです。すっかり忘れてるZを見てみるのもいいかな~と軽い気持ちで見に行きました。

まずテレビシリーズ映像と新しく作成された映像が混じってることですが、ストーリーに集中していても「あ、古くなった!」とか頭の隅で考えてしまうのが残念ですね。古い画像を映画用にするのにかなり手間がかかっているらしいんですが、だったら全部新しい方が見やすかったなと思います。以下ネタバレ。

カミーユのライバル、ジェリド。彼のことすっかり忘れてました。何回も出てきてなかなか死なないので、ようやくライバルだと気がつきました。でも今後の彼の運命が全然思い出せません。シロッコとかは今後のストーリーは思い出せないものの、見た瞬間わかったのに…。影薄すぎ。
主役はカミーユなんですが、シャアかっこいいですね。逆襲のシャアが基準になっているので、シャアがどうしても素直にかっこいいと思えないのですが、今回のシャアはいいです。最後のアムロとの再会シーンは、映像がとても綺麗なこともあって印象的。…しかし夕焼けで金色に光る中、かつてのライバル同士が巡り会って第一部完。おかげで見終わった後は主役のことは忘れてしまい、頭の中はシャアとアムロになってしまいました…。

気になるところはあっても、かなり集中して見られたので続編も見に行きたいです。次はフォウですね。

2005/06/05

喪の女王1 流血女神伝(BlogPet)

しろは集英社が政治っぽい安心すればよかった?

しろは、BlogPetの「しろ」が書きました。

*このエントリは、BlogPetの「しろ」が書きました。

2005/06/03

竹の花~赫夜姫伝説 英国妖異譚10

前の巻の感想→こちら。今回は日本で夏休みな話です。噂のユウリの従兄弟も出てきてなかなか豪華メンバー。しかもネタは富士山噴火と派手です。英国なのに日本の話なので番外編的話かと思っていましたが、結構重要な巻かもしれないです。以下ネタバレ。

ユウリはシモンと従兄弟を絶対視しすぎのような気がします。今回の話はユウリは何者であるのか…という謎のとっかかりに入ったように見えますが、こういう態度と関係あるのでしょうか? 単なる性格?
で、シモンもユウリを大切にしすぎなので、二人の関係はバランス悪く見えるわけです。アシュレイと従兄弟には色々事情や思惑がありそうなので、今のところ様子見です。

今回は、結局アシュレイの一面が見えてアシュレイが新たな切り札を入手したところに注目でしょうか。

4062558068 竹の花~赫夜姫伝説 英国妖異譚10
篠原 美季 かわい 千草

講談社 2005-06-07
売り上げランキング : 145

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

2005/06/01

喪の女王1 流血女神伝

前の巻の感想→こちら。ずっと待っていた流血女神伝最新刊。ユリ・スカナ編にして最終章になるようです。この話どこでラストになるかわからないんですが、本当に終わるのでしょうか…作者を信じてないわけではないですが。以下ネタバレ。

バルアンがクールに「王」だったので、安心。…いや安心してはいけない展開ですが、立場の為にカリエ暗殺を企てるバルアンには納得しました。あんまり応援したくない展開にはなりそうですけど…。

それにしてもイーダルがこんな重要な役割を担ったキャラだとは思っていませんでした。比較的政治的な裏がなくて、信頼感のある人ですがどうなるかは今後のユリ・スカナ情勢次第ですね。ロシアのエカテリーナ二世がモデルだと思うバンディーカ女王がどういう態度に出るのか、またカリエの運命も二転三転するのでしょう。

それにしてもこの「喪の女王」だけで、ルトヴィアとエティカヤとユリ・スカナをある程度まで描ききれるのでしょうか。かなり危うい印象のルトヴィアは動乱が起こることは外伝で明らかになってますが、ドーンとグラーシカ辺りは大きな犠牲を払うことになりそうで読みたいような読みたくないような…。

カリエの伴侶はやっぱりエドかな…全然そういう雰囲気じゃないけど、地上で一番信頼出来そうです。個人的にはミュカ一押しですが、彼には女神の因縁があるし、国も背負ってるしあまり勝ち目がなさそう。とりあえずミュカの話題が出るだけで嬉しいので、好きなキャラになっているようです。頑張って欲しいけど、どうでしょう…。とりあえず生きてそれなりに幸せになってくれるといいな~。

4086005972 流血女神伝 喪の女王 (1)
須賀 しのぶ 船戸 明里

集英社 2005-06-01
売り上げランキング : 673

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近読んだ本

BlogPeople


  • BlogPeople検索


    幻想水滸伝

Amazon



  • Amazonサーチ
    サーチ:
    キーワード:
    Amazon.co.jpアソシエイト
無料ブログはココログ