ブログ内検索


  • 風音の書庫内の検索が出来ます。

最近のトラックバック

カウンター


  • 累計
    本日
    昨日

    RSS feed meter for http://kazane.cocolog-nifty.com/blog/

    R S S T I M E S

« 風の王国 月神の爪 | トップページ | 剣散華 前編 暗夜鬼譚(BlogPet) »

2005/08/06

姑獲鳥の夏

色々な意味で気になっていたのでみてきました。原作読んだ人はみんなトリックどうするんだろう?蘊蓄はどうなるんだろう?って思っていたんじゃないでしょうか。私もです。蘊蓄は上手く大事なところを抜き出してるかな~って感じです。
演出がスポットライトがあたったり、ちょっと変わってました。なんだか舞台風とでも言えばいいんでしょうか…。以下ネタバレ。

関口君が書庫に入る例のシーンは前々から「映像は関口君の視線通り天井をさまよって、床を見ると何か光ってるんだよ!」などと予想してましたが、当たらずとも遠からずな感じですね。もう知ってる身としては「それ死体!!死体!!!…正気の人間入れば解決なのに!」などと歯がゆく楽しく見られましたが。…まあそれで解決しても関口君だけ半分くらい向こう側に行ったきりかもしれないですけどね~。

トリック的に重要な部分の一つ、「京極堂と榎木津は変な人で、関口君は小心者だけど常識人」という思いこみをさせる…という部分はやっぱりちょっと難しそうですね。私には先入観があるので判断が難しいですが、内面の描写なく関口君を見てると普通に不安定な人に見えます。あの「ああ!榎木津が超常世界に行ったわけじゃなくて、関口君が変なんだ!」という驚きは、映画で初めて見た人は感じられなかったんじゃないでしょうか。もともと映像向きではないので、無理もないですけど。

とりあえずかなり頑張ってるという印象でした。良く映像化したなと今更ながらに感心です。

« 風の王国 月神の爪 | トップページ | 剣散華 前編 暗夜鬼譚(BlogPet) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52721/5338194

この記事へのトラックバック一覧です: 姑獲鳥の夏:

« 風の王国 月神の爪 | トップページ | 剣散華 前編 暗夜鬼譚(BlogPet) »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近読んだ本

BlogPeople


  • BlogPeople検索


    幻想水滸伝

Amazon



  • Amazonサーチ
    サーチ:
    キーワード:
    Amazon.co.jpアソシエイト
無料ブログはココログ