ブログ内検索


  • 風音の書庫内の検索が出来ます。

最近のトラックバック

カウンター


  • 累計
    本日
    昨日

    RSS feed meter for http://kazane.cocolog-nifty.com/blog/

    R S S T I M E S

« 原獣文書8(BlogPet) | トップページ | 鋼の錬金術師 シャンバラを征く者(BlogPet) »

2005/08/24

鋼の錬金術師 シャンバラを征く者

見てきました! 有楽町マリオンも小さめの劇場に移っていて、水曜を狙うなら今日がラストチャンスでした。…危なかった。どうせなら大きいところで上映してるうちに見に行きたかったんですけど、TV版見るのに時間かかったのが敗因ですね。
映画本編と関係ないところの感想…といえば、やっぱりパンフの値段が高い!!でしょう。 500円と1200円2種類あるんですが、500円の方はポスターの裏に記載があるだけ。メインはポスター?なできあがり。仕方なく1200円を買ってきましたが、もう少し安くして欲しかったな~。以下、ネタバレ。

実は何の根拠もなく、エドは元の世界に戻れると思っていたのに、現実世界に戻ろうとしたのでかなりショックを受けました。「そんなロケット、門に放り込んで終わりでいいよ」などとかなり無責任なこと考えてました。自分で思っていた以上にこの兄弟好きらしいです(汗)。
なのでラスト二人がこっちに揃っていた時は、良かったような悪かったような複雑な気分に…。兄弟的に優先順位が他を大きく引き離してお互いなのは、よ~くわかるのでまあ二人はそれなりに幸せだろうな…とは思うんですが…。ウィンリイとか大佐とかに二度と会えないこと、もう錬金術が使えないこと、あの時代…そしてあれ以降のヨーロッパといえば第二次大戦が待っているんだな~と思うとなんだか悲しくなってしまうんですよね。今年は戦後60年ってことでドイツのも含めてその手の番組をいくつか見たせいでもあるでしょうが…。ついつい行く末を考えてしまうという意味では…印象的な終わり方なんでしょうか。

二人以外の人たちは、大佐もウィンリイも師匠もホムンクルス達もあるべきところにだいたい落ち着いた感じがして完結編としてふさわしいのではないかと。気になるエド達もこれ以上ストーリーを続ける意味がない状態ですし。

原作とはもう全然違う方向へ完結したと思いますが、もう一つのハガレンとして楽しめました。

« 原獣文書8(BlogPet) | トップページ | 鋼の錬金術師 シャンバラを征く者(BlogPet) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52721/5621930

この記事へのトラックバック一覧です: 鋼の錬金術師 シャンバラを征く者:

« 原獣文書8(BlogPet) | トップページ | 鋼の錬金術師 シャンバラを征く者(BlogPet) »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近読んだ本

BlogPeople


  • BlogPeople検索


    幻想水滸伝

Amazon



  • Amazonサーチ
    サーチ:
    キーワード:
    Amazon.co.jpアソシエイト
無料ブログはココログ