ブログ内検索


  • 風音の書庫内の検索が出来ます。

最近のトラックバック

カウンター


  • 累計
    本日
    昨日

    RSS feed meter for http://kazane.cocolog-nifty.com/blog/

    R S S T I M E S

« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »

2005/09/30

アダ戦記5

最終巻。完全にファンタジーの皮をかぶったSFでしたね。
アダや朔夜姫の成長がはっきり感じられて楽しかったですが、もう少し長く読んでいたかった気がします。説明が多くなってしまった印象だったので。

4758051747アダ戦記 5 (5)
堤 抄子

一迅社 2005-10-24
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

暴れん坊本屋さん 1

物心ついたときから読書が生活の一部だった私ですが、図書委員と本屋のバイトにはなぜか縁がなく現在普通の会社員です。しかし誰しも好きな世界のことは気になるもんです。ネットを始めてからは、良く本屋さんの話も見かけますがこれは本屋さんのバイトマンガです。

似たような話聞いたことあるな~ってこともありましたが、やっぱりこうしてマンガという形でまとめて読むと面白いです。配本の話は良く聞く話ですが、大手書店ばっかり行ってる私がどうこう言う話ではないでしょうけど、中小の大変だろうな。
エピソードの一つに出てくる万引きの話。万引きの話は良く聞くし、本屋で張り紙も頻繁に見かけますが、なんだかわびしい気持ちになりますね。少しでも啓発効果があるといいですね。

4403670199 暴れん坊本屋さん (1)
久世 番子

新書館 2005-09
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

2005/09/26

向島百花園

昨日、向島百花園へ萩のトンネル目当てに行ってきました。盛りの様子を見たことないので自信ありませんが、満開にはちょっと早かったのではないかと思います。しかし、色々な植物(一部昆虫)が見られてかなり満足でした。

PICT1611s こちらが問題の(?)萩のトンネルです。白と紫の花が綺麗です。

中に入ると日の光が差し込んできて、良い雰囲気です。

脇に見える赤い花は彼岸花。あちらこちらで咲いていて、濃い赤だけに目立ちます。独特の雰囲気があって好きな花です。

前はあまりこういうところに出かけなかったのですが、デジカメを買ってからは撮影の為なのか、花見のためか良く出かけます。デジカメにこういう効果があるとは思いませんでしたね。

伯爵と妖精(BlogPet)

過去、そしてメインの伯爵とリディアの力を借りて伯爵になったエドガーしたかったの♪
風音が、これもなかなか面白いです
好きでしたが、バレでなかったヒロインとかこめて
と、風音は考えてるはず。

*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「しろ」が書きました。

2005/09/25

伯爵と妖精

買うだけ買って読んでなかった『伯爵と妖精』シリーズ。評判がいいみたいなのでまとめ読みしました。前のシリーズ『魔女の結婚』も結構好きでしたが、これもなかなか面白いです。ヒロインは妖精博士のリディア。妖精との付き合い方の専門家…といった感じでしょうか。そしてリディアの力を借りて伯爵になったエドガー。妖精話と伯爵の過去、そしてメインの伯爵とリディアの恋の行方…どれも気になるところです。以下ちょっとネタバレ話。

最新刊まで読んだところでは王位を巡って妖精も絡んだ魔術合戦になるんでしょうか? 少なくとも妖精を使ってまた何かプリンス側が仕掛けてくるのは間違いなさそうです。まさかこういう方向の話だったとは…。
そしてようやくリディアに対して本気になってきたらしいエドガー。口が上手いくせに相変わらず鈍い! 自分でもどこに本心があるのかわからなくなってるところは気の毒なんですけど。

4086006405 呪いのダイヤに愛をこめて
谷 瑞恵 高星 麻子

集英社 2005-09-01
売り上げランキング : 1,153
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

2005/09/20

魔軍襲来 アルスラーン戦記11

昨日ある書店で張り紙を見つけました。「アルスラーン戦記新刊近日入荷」…ああ、今年中には出るんだなって思いました…何しろ前科が前科なもので。
今日別の書店でこの新刊を見つけた時は本当に近日だったんだと驚きました。以下ネタバレ。

全巻と同じく同時進行の事件がいくつもあるので、進みは遅く感じます。ザッハークの話と他の話はどのように絡んでいくのでしょうか?
とうとうエステル登場。結婚から逃げ続けるアルスラーンの運命の相手なのか、それとも十六翼将の最後の一人とか? それほど強くなさそうだし…。
腕輪を持った三人の娘のうち誰かは、やっぱりアンドラゴラスの娘なのでしょうか? 最後の一人がここでヒルメスと出逢ってしまうとは結構意外な展開です。

もう色々諦めてますが、生きてる間にきちんと完結させて欲しいものです。色々伏線も残ってるので本当に。

433407619X 魔軍襲来 ―アルスラーン戦記(11)
田中 芳樹

光文社 2005-09-25
売り上げランキング : 31

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

2005/09/19

鬼国幻想 1

華の王』とか『陽の末裔』で女性の地位を絡めた歴史物を描いてきた作者の新作です。南北朝の護良親王が中心人物。個人的趣味により大喜びです。この辺りの時代、あんまり舞台になってる作品がないのでうれしいですね。ヒロインは護良親王の架空の妃。市川ジュンらしい、強くて凛とした戦うヒロインです。

どうしても悲劇になってしまうはずですが、爽やかな親王と明るいヒロインなのでこの先の展開も期待します。
この時代の主役(?)後醍醐天皇は今の時点では少し控えめ(顔も出てないし)。ヒロインの異母姉設定の阿野廉子が前向きに上昇志向強く活躍してくれそうです。今のところ、異母妹や護良親王を大事に思っているようですが…この先は対立路線でしょうね。

更に個人的趣味ですが足利直義がラスト近く出てきて、重要人物らしいので楽しみです(史実通り進めば当然ですが)。杉本苑子の『風の群像 小説足利尊氏』読んで以来、気になる歴史上人物なので…。生真面目で清廉潔白な性格もこの小説と似てそうです。

連載じゃないのか、どういう出版形態なのか良くわからないのですが、早く続きが読みたいものです。史実の隙間を埋めるような形で進んでいくのだろう…と期待してます。

487317600X 鬼国幻想 1 (1)
市川 ジュン

あおば出版 2005-09-15
売り上げランキング : 2,931

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

黒き聖母の腕 上下(BlogPet)

上はすなみ透也碧也ぴんく小学館2005-07-01売り上げランキング:1売り上げランキング:63,285Amazonで詳しく見るbyG-Tools
だよ♪

*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「しろ」が書きました。

2005/09/16

秋葉原ヨドバシカメラ開店

建設中からずっと気になっていたんです…というわけで、わざわざ会社帰りに足を伸ばして行ってまいりました! 混んでる混んでる。

私的基本としては本屋さんでしょう!! 7階の有隣堂へまずれっつごー。…なかなか広いです。というかビルの床面積の広さを実感。ワンフロアの広い本屋さんは久しぶりです。池袋の旭屋書店とか思い出します(あっちのが広いと思いますが)。コミックスライトノベル系もきちんとあるし、文房具もかわいいし、使えそうなお店です(9/18追記。再度行って見ました。使えそうな店ではありますが、秋葉原でコミックスとライトノベル系なら書泉のがいいですね)。欲しかった本を四冊ほど抱えてレジへ。
噂の好きな色のブックカバーを掛けてもらい大満足。一冊づつ指定させてくれるものだから、端から一色づつ掛けてもらってしまったのでした…手間掛けてごめんね、店員さん。

ところで7階にCDショップが入っていて、6階のヨドバシでもCD売ってるんですけど、これってお客さんの食い合いにならないのでしょうか? 私はポイント還元が欲しくて6階でDVD購入してみましたが。
アキバっぽいといえば、おもちゃ売り場に普通のお子様向けの他に、ガンダムのプラモやらフィギュアやらあふれてることかも。あんなにガンダム見たの初めてです。ガチャポンも山ほど。

テレビとか売ってるAV階はメーカー別展示でしたが、私としてはこれはあまり気に入らないです。この手の商品を買うときは、カタログを集めて比較検討の末実物チェックする派なので、広い店内を歩き回って見る羽目になるのが嫌ですね。

全体として品揃えが並ではありません。見て回ってかなり楽しかったですね。化粧品とか文房具に驚いたり、外国人向けだろう怪しい着物に大笑いしそうになったり(浅草寺思い出しました)。電化製品嫌いとかでなければ、一見の価値ありでしょう。

クラヴィーアのある風景 英国妖異譚11

結構前に読み終わったんですが、すっかり感想を書いた気になってました。今回の巻はアシュレイが卒業して、学校内の様子も変わってきたようですね。ユウリには厄介な置きみやげがあるんですが…。以下ネタバレ。

今回は卒業後のことを考えて揺れるシモンがちょっと新鮮。ちょっと完璧すぎる描写が多いのでこのぐらいのがいいです、私としては。
今回の新キャラオスカーと卒業してもやっぱり迷惑なアシュレイには、今後も注目といったところでしょうか。

今回事件としては悲劇ですが、ユウリ個人としては大事件というわけではないですね。アシュレイがいなくなった学校での波紋の方が事件なのかもしれません(^^;)。

4062558211 クラヴィーアのある風景―英国妖異譚 11
篠原 美季

講談社 2005-09
売り上げランキング : 1,103
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

2005/09/15

女ぎらいの修練士 エネアドの三つの枝

ちょっと面白そうだったので、買ってみました…面白かったです。ヒロインを婚約者(すごく年上)のもとに送っていく、という話なので好きになってはいけない…というところがいいのでしょうか。特に凝ってるところとかがあるわけじゃないですが、バランスが取れた恋愛ものでした。ただ途中で気がついたんですけど、これってシリーズものだったんですね。一話完結だったので、特に支障があるわけでもないですが、次は前作を読んでみるつもりです。

奔放な美女ララと堅物セインがちょっとづつ近付いていくのがいい感じです。作者が後書きで書いてるとおりベタなんですが、こういうお約束にのっとった話はきちんと書いてもらえると面白いですよね。少女小説を求めてる方にはおすすめです。

4086006480 女ぎらいの修練士
樹川 さとみ 木々

集英社 2005-09-01
売り上げランキング : 7,763

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

2005/09/12

黒き聖母の腕 上下(BlogPet)

今回、ネットで作者とかを記憶しない?
印象的ですね
女の子が健気だった記憶しなかったよ
しろたちが、ちょっと詰め込みすぎな気がします
シリーズにするならともかく、一ノ瀬サイドの話を少し削った人ですね
女の子が健気だった記憶すればよかった?
ネットでシリーズとか作者などを記憶しない?
ネットで作者とかを記憶しなかったよ

*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「しろ」が書きました。

2005/09/11

黒き聖母の腕 上下

作者名に見覚えがあって、なんとなく購入。奥付をみるとやっぱり前にビーンズ文庫で書いていた人ですね。女の子が健気だった記憶があります。今回も女の子は一途でした。

パレットなせいかちょっと微妙な雰囲気…。主人公の智也より謎の青年一ノ瀬のが印象的ですね。一ノ瀬にはどうも色々背景があるようですが、ちょっと詰め込みすぎな気がします。シリーズにするならともかく、一ノ瀬サイドの話を少し削った方が良かったような…。面白かったことは面白かったんですが、智也の話と一ノ瀬の話が二重になって中心を把握しにくくてもったいないような…。

4094216111 黒き聖母の腕(かいな) 上
はすなみ 透也 碧也 ぴんく

小学館 2005-07-01
売り上げランキング : 141,557

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
409421612X 黒き聖母の腕(かいな) 下
はすなみ 透也 碧也 ぴんく

小学館 2005-09-01
売り上げランキング : 63,285

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

2005/09/05

コーセルテルの竜術士物語2(BlogPet)

きょうしろは補佐♪

*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「しろ」が書きました。

2005/09/04

書店中毒…

自分が活字中毒なことは、よ~く自覚してました。旅行に行っても新聞読みたがるし、本を持たずに電車に乗ると落ち着かないし。でも本屋まで中毒だったとは(^^;) 本屋大好きは自覚してましたけどね。

以前の勤務地は私の通勤経路がとても恵まれてました。乗り換え駅には都内で十指に入る(と思う)大型書店がありましたし、勤務地の駅にも結構大きい書店が二つほど。
ところが先月勤務先が移転したら…地元と勤務先の比較的小さな書店以外寄り道する本屋がなくなってしまったのです!

初めはおとなしく(?)通勤してましたが、最近はかなりいらいらです。禁断症状です(^^;)。帰り道にふらっと大きな本屋に寄って、新刊チェックしたり立ち読みしたり新しい著者の開拓したりしたいよ~。ネット書店は便利ですが、意外な本を見つける喜びがないんですよね。今は足を伸ばせばいいのですが、今までが天国だったもんで。

贅沢な不満であることは良く理解してます(^^;)…しかし、また勤務先が移転しないか今から夢見てしまうのです…。

2005/09/03

コーセルテルの竜術士物語2

前の巻の感想はここ。今回もかわいい子竜たちに癒されました。表面のほのぼのとは別に色々深刻な事情も見え隠れしてますが、このままのんびり進んで欲しいものです。全プレ小冊子の応募券ついてますが…応募すると思います。以下ちょっとだけネタバレ。

ナータが補佐竜になれない…という話ですが、ナータは何がどうなってもマシェルのそばから離れないと思うので補佐竜にしてもしなくても変わらないような…。それとも補佐竜って私が考えてるより重い役目なんでしょうか?

4758051739 コーセルテルの竜術士物語 2 (2)
石動 あゆま

一迅社 2005-08-25
売り上げランキング : 9,563
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近読んだ本

BlogPeople


  • BlogPeople検索


    幻想水滸伝

Amazon



  • Amazonサーチ
    サーチ:
    キーワード:
    Amazon.co.jpアソシエイト
無料ブログはココログ