ブログ内検索


  • 風音の書庫内の検索が出来ます。

最近のトラックバック

カウンター


  • 累計
    本日
    昨日

    RSS feed meter for http://kazane.cocolog-nifty.com/blog/

    R S S T I M E S

« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »

2005/11/27

鋼の錬金術師12 特装版

前回の特装版のこと思い出して、予約しておいたんですけど、今回は必要なかったようです。発売日はあちこちで平積み状態でした(今はわかりませんけど)。ちょっと高いですが、4コマがついてて楽しいので、ハガレン好きな人は是非こちらを。

雑誌で読んでるからまあいいか…と後回しにしてましたが、まとめて読むとやっぱり面白いですね。

今回はそれぞれのスタンスが感じられるエピソードが多かったと思います。ウィンリィの決意とランファンの覚悟が印象的でした。

そして話は大きく動き出しますね。エドもアルもアニメより精神的に強そうだと思うので、アニメより明るい方向に向かってくれると思うんです。

大総統とホーエンハイムの暗躍にも期待しつつ、次の巻を待ってます。

4757515499 鋼の錬金術師(12) 初回限定特装版
荒川 弘

スクウェア・エニックス 2005-11
売り上げランキング : 4

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

鎌倉へ紅葉狩り

PICT1845 日帰りで鎌倉へ行ってきました。円覚寺・東慶寺・浄智寺・建長寺・鶴岡八幡宮…という鎌倉の有名な寺社巡りっぽいルートでしたが、目的は紅葉狩りです。

今年は暖かいので、心配してましたが…その予感は当たり。見に行った場所のうちのいくつかは「紅葉どこ?? あ、まだ緑だね」という結果に終わりました。

今日行った中では円覚寺と建長寺はなかなか美しく紅葉している木があり、楽しめました。上の写真は建長寺です。まだ緑の木もグラデーションしていた木もあったので、来週も楽しめるのではないでしょうか。

PICT1854 これも建長寺です。

この季節だけの話ではないかも知れませんが、鎌倉は混んでます。写真撮るときはいかに人を入れないで撮るか、結構苦労しました。なんだか他の人の記念写真っぽくなってしまった写真もあったり。平日にのんびり行けたらいいんですけどね。

2005/11/26

ココログフリー登場らしいです

ココログ無料版登場らしいです。それ自体は全然かまいません。重くならないようならユーザー増えるのも嬉しいですし。

でも、有料版より高機能ってどういうこと!とは思ってしまうんですが。

プラン別比較表見ると、どの有料ユーザーよりもフリーのがいいって部分がいくつもあるわけです。全ての機能を使いたいわけではありませんが、私が欲しい「続きを見る」の機能がフリーには最初からあるのが悔しいところです。

で、フリー版借りてみました。マイフォトとかいいですね。使いやすい。ただブログの方は広告がちょっと邪魔です。このあたりが有料版のアドバンテージ?

今更どうにも出来ないと思いますから、三月に今までのココログも同じ機能が使えるようになる時には、トラブルなく移行して欲しいですね。

2005/11/25

もしも異性に生まれ変わったらバトン

すっかり回答が遅くなってしまいましたが、おーえる之ユメの菜ノ花さんからもしも異性に生まれ変わったらバトンをいただきました。面白そうです。

Q1:朝起きて最初にすることは?
ひげそりしてみたいですね~。

Q2:あなたの職業(学校)はなんですか?それはどんな仕事?
今とは違って、専門職系な気がしますね。IT系か、歴史系。

Q3:どんな相手と付き合ってみたいですか?
のんびりしてそうなタイプかな。

Q4:自分の自慢できるところはどこですか?
これは想像出来ない。何でしょう??

Q5:どんな格好をしてみたいですか?
スーツと学ラン。かっちりした格好がしてみたいです。

Q6:どこに行ってみたいですか?
う~ん、別に異性になったから!で行きたいとこはないですね。夜遅くとか気楽に出かけられそうなのはいいかもしれないです。

Q7:もし本当に自分が異性に生まれ変わったとしたら
本質的には変わらないと思いますが、もう少しアグレッシブに生きてるかもしれないですね。まあ冒険するとこまではいかないでしょうけど。

Q8:このまま生まれ変わったままでいたいですか?
戻りたいですね。生活の中の女性ならではという部分も好きですから。面倒なことも多いですけどね~。

もしバトン興味あるかたは拾ってください。

意外と上手く想像できなくて、難しかったです。

2005/11/23

おおきく振りかぶって5

試合です! とっても楽しみにしてました。そして…出たばっかりなのに後ろの予告を見ると次の巻が読みたくなるのですが。

対戦相手からみれば、予想外のいい勝負。読者的にはこの辺りは予想の範囲内ですが、わくわくします。

阿部が心配してるところや田島でも簡単には打てない相手の実力…こういう要素が、今後どうなっていくのか続きが気になるところです。…雑誌購入したくないんですが、我慢出来るかな…。

4063143937 おおきく振りかぶって Vol.5 (5)
ひぐち アサ

講談社 2005-11-22
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

2005/11/17

RSSリーダー使用開始(BlogPet)

きょうしろは、サービスしたかったみたい。

前の巻の感想→こちら。
まだまだ影月編。
次巻以降が正念場でしょうか。
以下ネタバレ。
う〜ん。
美青年・美中年に続いて、とうとう美老人が登場です。
どんな読み手の好みにも対応とはなかなか凄いですよね。
個人的には美老人はさすがに好みの範囲から抜けてますけど。
はっきり秀麗をターゲットにしている邪教集団。
今までの因縁(茶州とか仙人とかお母さんとか)が絡んできそうですね。
仙人絡んで欲しくないと言い続けてましたが、ラストの描写から言って確実に絡みますね、これは。
彩雲国物語心は藍よりも深く雪乃紗衣角川書店2005-09-30売り上げランキング:271おすすめ平均A m a z o nで詳しく見るb y G-T o o l s

*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「しろ」が書きました。

2005/11/10

麦とぶどうの恵みより 黄金の拍車

兄弟のように育った従兄弟同士である騎士のリチャードとギルフォード。彼らが自ら関わったり巻き込まれたりした事件を解決していくシリーズです。読むときはこの「黄金の拍車」シリーズではなく「足のない獅子」シリーズから読んで下さい。時々リチャードの出生の秘密が絡んだりする中世イギリスが舞台の…う~ん、ミステリーというかドタバタというか。以下ネタバレ。

今回は二人が真相にたどり着く前に解決してしまいました。彼がいないと話が進まないのはわかるんですが、ジョナサンは疫病神ですね。彼にとってもリチャードに関わるのはリスキーだと思うんですけどね。

ひさびさに深刻な状況で出てきましたね、エドマンド。久しぶりに次回以降はリチャードの出生を巡る物語になりそうです。イギリスから逃げちゃえって言いたくなりますね。リチャードは家族のいる場所からよほどのことがなければ動きたくないでしょうが、いつ何時「よほどのこと」になるのかわからないですから。

4062558327 黄金の拍車(5) 麦とぶどうの恵みより
駒崎 優 岩崎 美奈子

講談社 2005-11-02
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

2005/11/09

霧の中の恋人 コラリーとフェリックスのハネムーン・ミステリー

いつもいつもお騒がせなコラリーとフェリックスですが、今回のシリーズになって初めてちょっとテイストが違います。そして続き物に突入。以下ネタバレ。

相変わらずコラリーと心中する方が幸せというか、満足と思ってるフェリックスには困ったもんです。子供でも生まれたらどうなっちゃうのか、不安なカップルです。でもこのシリーズの面白さはフェリックスがいかに常識に外れてつっぱしるか…にかかってる部分も大きいのでこの先の非常識な行動(……)に期待します。

そしてまたまた騙されるコラリー。フェリックスの言うとおり本当に騙されやすいのは間違いないです。でも、今回はコラリーを陥れること自体が相手の目的なので、騙されてもしょうがないかな~。
二人がきちんと再会したときのラブラブっぷりは、なごみました。ハネムーンミステリーなだけはあります。

4086006693 霧の中の恋人
橘香 いくの 四位 広猫

集英社 2005-11-01
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

2005/11/06

伯爵と妖精 取り換えられたプリンセス

伯爵エドガーとフェアリードクターリディアの不安定な関係が気になるシリーズ。以下ネタバレ。

さらにぐるぐる悩むエドガー。器用なようで果てしなく不器用ですね。無駄に高い経験値が余計に事態をややこしくしてます。腹が立つというより、自業自得だけど気の毒というか、馬鹿だと思うというか。

リディアは距離を置くことにしたようですが、この選択はどうなるのかな? ロタがいい感じに味方をしてくれるので(もしかしたらややこしくなるかもしれないですが)、このまま次巻以降も出てリディアの相談にのって欲しいです。

今回はプリンス絡みではありませんでしたが、ユリシスが青伯爵の血筋かも…という重要な情報が出てきました。エドガーはどうしたら勝てるのか…もともと不利なのに。

4086006642 取り換えられたプリンセス
谷 瑞恵 高星 麻子

集英社 2005-11-01
売り上げランキング :
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

2005/11/04

RSSリーダー使用開始

だんだん購読してるブログが増えていくにも関わらず、すべてお気に入りで対処してましたが更新チェックが出来るといいな…と思ってました。一部はこのブログに貼ってあるBlogPeopleで対応してましたが、ここからリンクするのも先方に迷惑だろう…というブログもあってどうしようかな~と考えてました。

最近やっとRSSリーダーの存在を思い出し、ティッカータイプのmypopを使ってみました。これはニュースやら天気予報やらも配信してくれる優れものなんです。ただ、ずっとパソコンの傍にいるわけじゃない私には、更新の情報を知らせてくれる瞬間にいないことが多くて向かないことが判明しました。

で、自分のプロバイダーを思い出しまして、niftyのRSSリーダー使ってみました。私にはこれは向いてるようです。メールと一緒に管理できること、さらにマイニフティというカスタマイズ出来るページに表示させるようにして、初めてポータルサイトをYahooから変更しました。昔もこういうカスタマイズ出来るサービスありましたけど、使いたいと思いませんでした。これだけチェックしたいことが増えると使い方も変わりますね。

RSSリーダー自体はWeb型だけでもあちこちにありますね。Yahoo!gooExciteinfoseeklivedoor。ソフトタイプもありますし。しばらく色々試してベストを探すのもいいのかも知れないですね。

2005/11/03

彩雲国物語 心は藍よりも深く

前の巻の感想→こちら。まだまだ影月編。次巻以降が正念場でしょうか。以下ネタバレ。

う~ん。美青年・美中年に続いて、とうとう美老人が登場です。どんな読み手の好みにも対応とはなかなか凄いですよね。個人的には美老人はさすがに好みの範囲から抜けてますけど。

はっきり秀麗をターゲットにしている邪教集団。今までの因縁(茶州とか仙人とかお母さんとか)が絡んできそうですね。
仙人絡んで欲しくないと言い続けてましたが、ラストの描写から言って確実に絡みますね、これは。

404449908X 彩雲国物語 心は藍よりも深く
雪乃 紗衣

角川書店 2005-09-30
売り上げランキング : 271
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

2005/11/02

ココログ大容量化

いきなり2GBという記事にちょっとびっくり。ココログの場合、有料みたいもんなんだから、どうにかして欲しいな~とは思ってましたが、これで写真も安心してアップできますね。私の場合は画像ほとんど使ってないですけど。

後は携帯で閲覧したり、「続きを書く」機能がベーシックでも出来るようにしたりして欲しいな…。

2005/11/01

喪の女王2 流血女神伝

前の巻の感想→こちら。新刊が出るのを待ってました。以下ネタバレ。

かなり以前からの伏線、ネフィシカとサルベーンの子供がようやく登場ですね。伏線とは言っても、この子供が出てきてカリエと関わるなんて、初めの頃は思ってもみませんでした。サルベーンが父の割に素直ないい子のようですが、彼にとって王族になることは良いこととは思えないんですけどね。
イーダルの出生の秘密も気になるところですが、とりあえずこのシリーズ読んでると王族に生まれると大変という結論になります。

そしてネフィシカが怖い。彼女に近寄ると確実に女神関連のゴタゴタに巻き込まれるでしょうね。まあ、巻き込まれるっていうか、カリエ自身が中心なんですけど。最終章ということなので、ネフィシカに近付くことになって女神絡みの事件に巻き込まれるのはほぼ確実でしょう。

そしてルトヴィアはかなり傾いているようです。ますます苦しい立場になるグラーシカを見てると、苦労してるとわかっていてもドーンをどつきたくなります!
悲劇の予感が漂ってますが、いつか起こるであろうルトヴィアの動乱の結果を見たいものです。…最終章だからその辺りの伏線は回収されると思い期待してます。

4086006669 流血女神伝 喪の女王 2
須賀 しのぶ 船戸 明里

集英社 2005-11-01
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近読んだ本

BlogPeople


  • BlogPeople検索


    幻想水滸伝

Amazon



  • Amazonサーチ
    サーチ:
    キーワード:
    Amazon.co.jpアソシエイト
無料ブログはココログ