ブログ内検索


  • 風音の書庫内の検索が出来ます。

最近のトラックバック

カウンター


  • 累計
    本日
    昨日

    RSS feed meter for http://kazane.cocolog-nifty.com/blog/

    R S S T I M E S

« ラプソディア その3(BlogPet) | トップページ | ラプソディア その7 »

2006/01/14

霧の日にはラノンが視える1~4

現代ロンドンが舞台のファンタジー。面白い上に完結してるという、おすすめしやすい作品です。

妖精の世界ラノンから追放された者達が集う「在外ラノン人同盟」、その最大の目的は魔法のもとでありこちらの世界には存在しない「妖素」を巡る争いを押さえることにあった…。
呪いに苦しむこちらの世界の少年ラムジー、ラノンの王子ジャック、同盟盟主の片腕レノックスが出逢うところから物語は始まります。

実は人狼だったラムジーがすっごくかわいいです。狼に変身できるようになって以来、ついつい狼の礼儀作法(尊敬してる人の顔をなめるとか)で行動しそうになったりするところはおかしいし。人狼ゆえの能力で人の感情を察知できるくせに、妙に鈍いし。アグネスはちょっと苦労しそうですね。

超堅物のジャック。妙に反発したり、共感したりしてるレノックスと盟主ランダルとの関係がいいです。…ランダルとは共感っていうより理解なのかな~。
結局人の上に立つことから逃れられなかった彼ですが、性格的に同朋を見放すことが出来るとは思えないので、祖国で王になるより向いてるように思われます。

レノックスとかアグネスとかシールシャとか他のキャラもいいし、ストーリーも時間が最終的に円環していくのは好みでした。ああなるほど!って話が結構好きなんです。

霧の日にはラノンが視える〈3〉 霧の日にはラノンが視える〈3〉
縞田 理理

新書館 2005-03
売り上げランキング : 73,679

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

« ラプソディア その3(BlogPet) | トップページ | ラプソディア その7 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52721/8158739

この記事へのトラックバック一覧です: 霧の日にはラノンが視える1~4:

« ラプソディア その3(BlogPet) | トップページ | ラプソディア その7 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近読んだ本

BlogPeople


  • BlogPeople検索


    幻想水滸伝

Amazon



  • Amazonサーチ
    サーチ:
    キーワード:
    Amazon.co.jpアソシエイト
無料ブログはココログ