ブログ内検索


  • 風音の書庫内の検索が出来ます。

最近のトラックバック

カウンター


  • 累計
    本日
    昨日

    RSS feed meter for http://kazane.cocolog-nifty.com/blog/

    R S S T I M E S

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

2006/04/29

箱はマのつく水の底!

やっと出ましたね~。作者が忙しそうなんで、いつ出るのか心配してましたがようやくです。待っていた割に、あんまり話進んでないですね。なんとなくその覚悟もしてましたが、この先大丈夫かなと気が早いかもしれませんが、少し心配しています。

ところで次の外伝がフィギュア付き限定版が出るというのはひどいです(泣)。個人的にフィギュアはいらないんですが、書き下ろしがついてるなら買うしかないというところが…。さすがはメディアミックスな角川というべきところでしょうか。追いかけきれないですよ。

箱はマのつく水の底! 箱はマのつく水の底!
喬林 知

角川書店 2006-04-28
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

続きを読む "箱はマのつく水の底!" »

2006/04/28

カーリー ~黄金の尖塔の国とあひると小公女~(BlogPet)

前夜はシャーが、物語とかないので最初とか物語など思い出しました
表紙と小公女~高殿円椋本夏をエンターブレインしなかったの?
以降大きいカーリー側の話も読みたいところです
私としては、共通をなぜあんなにも最初から愛してるのかが、寄宿学校っていう要素が共通なので思い起こしてしまうんです
次巻以降はもっと激動の物語でもいいですね
表紙とあらすじにも運命のシャーたちが、大きい王子とか読んでる最中蒼のマハラジャを思い出しましたが、大きい売り上げランキング:Amazonで詳しく見るbyG-Tools上にあげた様々の要素プラス怪盗まで出現するという、結構私好みのシチュエーションです♪あらすじでマリ見て系かと思いましたが、イギリスで作中など思い出しました
しろが、大きい売り上げランキング:Amazonで詳しく見るbyG-Tools上にあげた様々の要素プラス怪盗まで出現するという、結構私好みのシチュエーションです♪あらすじでマリなど思い出しました
とか書いてみるの♪

*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「しろ」が書きました。

2006/04/21

幻想水滸伝5 その16(BlogPet)

きょうしろは最後っぽいレベルアップするつもりだった。

*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「しろ」が書きました。

2006/04/18

カーリー ~黄金の尖塔の国とあひると小公女~

表紙とあらすじでマリ見て系かと思いましたが、だいぶ違うみたいです。私としてはかなり好みでしたが、この後どう進むのか気になる話でもあります。

読んでる最中蒼のマハラジャを思い出しました。ストーリーが似ているわけではなく、第二次大戦前夜のインド、イギリス人の少女、藩王国、王子、寄宿学校っていう要素が共通なので思い起こしてしまうんですね。

カーリー ~黄金の尖塔の国とあひると小公女~ カーリー ~黄金の尖塔の国とあひると小公女~
高殿 円 椋本 夏夜

エンターブレイン 2006-03-30
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

続きを読む "カーリー ~黄金の尖塔の国とあひると小公女~" »

2006/04/16

幻想水滸伝5 その16

久しぶりにゲオルグが仲間に入ってます。素直に嬉しいです♪ ゲオルグは何か握ってるとは思いますが、謎が明かされるのはまだまだのようです。

ニルバ島他

群島諸国の代表に会いに行くと…旗艦が「リノ・エン・クルデス」! 4との微妙なつながりですね。群島諸国が連合するきっかけになったということで、歴代の旗艦は彼の名前が使われているとのことです。こういうのはちょっと嬉しい。4の主人公はどうしたのでしょうね? まだ生きてる可能性も充分あるんですが、データ読み込みなかったし今回は出てこないんでしょう。

結構好意的なスカルド・イーガン提督とその娘ベルナデットに出逢います。提督は相当おおらかなタイプのようです。リノからしてああだし、群島はこのタイプが多いのかもしれないですね。4主人公もラプソディアでは結構大物だったし…。

群島では結構王族自ら動くという話も出てきて、4を思い返しつつ、王子自ら海賊退治に乗り出しました。海賊はそんなに強くなく、あっさり退治出来ました。…ゲオルグはいつ参加しても、王子より強いですね。レベル上がった状態で参加してくれるのでありがたいんですが、どうせまたいなくなるんだろうな~と思うと装備を充実するのがためらわれます。武器は鍛えておきましたけどね。

ゴドウィン側にはつかないという約束ももらえて一安心です。群島内のゴドウィンよりの勢力も抑えるようにしてもらえる、そせてベルナデットも仲間になってくれて交渉は大成功でしょう。

提督とゲオルグの意味ありげな会話が最後にありました。「フェリドは幸せだったろう」と提督が言うということは…顔も似てるしフェリドのお父さんでしょうか? そしてほとんど何も語らないゲオルグも、ちょっと気になります。フェリドと女王にあの日何があったのかが最大の謎なんですけどね。

そしてリムの戴冠式です。やっぱりリムとギゼルは釣り合いません!!

そして本拠地レベルアップ。この後はどうやら少し仲間集めに行ったほうが良いようです。

2006/04/14

幻想水滸伝5 その14(BlogPet)

そういえば、風音が
というライジングインパクトと同じく超人路線でもありますが、努力家かつ人の心がわかる良い奴な勝利は応援したくなります。
とか考えてたよ。

*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「しろ」が書きました。

2006/04/12

真・イズミ幻戦記 暁の国2

本屋で見かけてびっくり。今年出るらしいって話は聞いてましたが、本当に出るとは…。出来れば続きもさっさと出して完結させて欲しいです。登場人物と環境一新に近い前の巻は結構忘れてしまいましたよ。

真・イズミ幻戦記暁の国 2 (2) 真・イズミ幻戦記暁の国 2 (2)
若木 未生

徳間書店 2006-04
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

続きを読む "真・イズミ幻戦記 暁の国2" »

2006/04/10

幻想水滸伝5 その15

読書は気軽に出来ますが、ゲームはまとめて時間を取れると思わないとなかなか始められません。週末はまとめて時間がとれるので進みますね♪

セーブル~ビーバーロッジ他

ようやく偽王子騒動が終わって帰ってみるとルセリナに謝られてしまいました。あんな兄を持つとは気の毒に。しかしバロウズ卿自身は何やってるんでしょうか。もう少し建設的なことをしてるといいんですけどね。ユーラムについての新聞記事も情けない感じですね。

部屋で休んでいると夜中にビーバーロッジの方面が赤くなっているので、様子を見に行くことになります。幽世の門再びですね。前回は歯が立たなかったドルフですが、今回は結構簡単に勝てました。理由はゼラセですね。強すぎます。
ゴドウィン卿は違った種族違った文化は排除するという主義のようです。そのために目障りでもあったビーバーロッジを襲ったようです。この出来事がきっかけでビーバーロッジの人々も仲間になりました。それにしてもゴドウィン卿親子は色々な種族が住むファレナでそれを殲滅するつもりなのでしょうか。

同日にレインウォールが陥落し、リムの戴冠式も近々行われることになりました。久しぶりにリムの姿を見ましたが、やっぱり健気な子ですよね。サイアリーズの言う通り乗り込んで助けたいところですが、そんな無茶が通用するわけもなく、軍師に却下されてしまいました。これから戴冠式に来る群島諸国の代表と接触します。謎にみちたフェリドの過去がちょっとくらいわかったりするんでしょうか?

毎回おなじみマクシミリアン騎士団の人を仲間にしましたが、ユーラム情けなすぎる…。やっぱり某スノウを思い出してしまいます。レインウォール陥落したというのに、そんなことやていていいのか??

2006/04/09

ブリザートアクセル1~4

トリノオリンピックのおかげで久しぶりにじっくりフィギュアスケート見ました。試合をいっぱい見てみたい!という気持ちになったのにどうやらシーズンは終わりのようです。かわりに私らしくマンガやら小説で探してみることにしました。川原泉の銀のロマンティック…わははを読み返してかなり満足したものの、もっと読みたいということでこれです。

同じ作者のライジングインパクトが結構好きでしたが、割合似た路線ですね。主人公吹雪が魅力的で、作中で色々な人物がわかりにくいルールを説明してくれてるので入りやすいです。

ブリザードアクセル 1 (1) ブリザードアクセル 1 (1)
鈴木 央

小学館 2005-07-15
売り上げランキング : 16,751
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

続きを読む "ブリザートアクセル1~4" »

2006/04/07

蟲師 7(BlogPet)

風音たちが、ネットで大きい漆原友紀講談社とかを関係しなかった
蟲と関わることで周りと、不思議とかを関係しなかったの関係が見えてきたり…
今回は切なくて恐ろしい「花惑い」
が好きでした
蟲師(7)アフタヌーンKC(404)漆原友紀講談社2006-023売り上げランキング:Amazonで詳しく見るbyG-Tools

*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「しろ」が書きました。

2006/04/05

幻想水滸伝5 その14

偽王子と対決です。やっぱりこの展開はいいですね。



セーブル~乱稜山~セーブル

すっかりセーブルの町の人々に山賊だと思われてます…切ない。両親は立派だったのに情けないみたいなことを言われると「誤解だ!!」と叫びたくなってきます。

山賊が出るという乱稜山へ向かいますが、ダインがついてきて説明してくれないと兵士達につかまりそうな状態です。そんなに信用ないんですかね~王子って。

山頂で王子にうり二つのロイと一騎打ちすることになります。似てないと言ってくれたリオンは嬉しいですが、普通は間違えそうです。
なんとここで負けるとバッドエンド。もの悲しい展開は一見の価値があります。王子もロイも苦労して気の毒…。

勝利すると黒幕を捕らえるためセーブルで一芝居打つことになりました。声優さんは見事ですね。うさんくさくやりすぎ(笑)な演技が笑えました。
ユーラム再び登場ですが、ここまでマヌケに情けないと愛着わいてきますね。なんとなく4のスノウを思い出しますが、ユーラムは最初から味方ではないので笑って許せる感じです。まあ、やってることは何もかも酷いんですけどね。

2006/04/03

蟲師 7

蟲と呼ばれる不思議な生命たちとそれに関わった人々のシリーズです。蟲に魅せられたり、蟲と関わることで周りとの関係が見えてきたり…。

今回は切なくて恐ろしい「花惑い」が好きでした。

蟲師 (7)  アフタヌーンKC (404) 蟲師 (7) アフタヌーンKC (404)
漆原 友紀

講談社 2006-02-23
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

コーセルテルの竜術士物語3

相変わらず癒し系の子竜たちと竜術士マシェルの物語です。今回はマシェルと子竜たちの出逢い編も収録されてますが、更に幼い子竜のかわいさにすっかりなごんでます。

コーセルテルの竜術士物語 3 コーセルテルの竜術士物語 3

一迅社 2006-03-25
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

続きを読む "コーセルテルの竜術士物語3" »

2006/04/01

大鷲の誓い デルフィニア戦記外伝

最近は新刊を買ってない茅田砂胡ですが、やっぱりデルフィニアは大好きです。外伝と言われるとやっぱり買ってしまいますね。そして正解でした(笑)。

若き日の(というか幼い?)ナシアスとバルロの物語です。ウォル達もちょっと出てますが、リィはなし。本編の前の話がほとんどなので、この後どうなるかを良~く知っているから、安心感はありました。

大鷲の誓い デルフィニア外伝 大鷲の誓い デルフィニア外伝
茅田 砂胡

中央公論新社 2006-03-24
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

続きを読む "大鷲の誓い デルフィニア戦記外伝" »

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近読んだ本

BlogPeople


  • BlogPeople検索


    幻想水滸伝

Amazon



  • Amazonサーチ
    サーチ:
    キーワード:
    Amazon.co.jpアソシエイト
無料ブログはココログ