ブログ内検索


  • 風音の書庫内の検索が出来ます。

最近のトラックバック

カウンター


  • 累計
    本日
    昨日

    RSS feed meter for http://kazane.cocolog-nifty.com/blog/

    R S S T I M E S

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

2006/05/21

幻想水滸伝5 その19

今回はストーリー的に重要なところでした! 色々謎がとけて…謎が増えて…。かなりネタバレになってしまいそうです。続きを読む活用したほうが良さそうです。
仲間もだいぶ集まってきましたし、だいぶ進んできたという気分ですね。

ニルバ島~女王親征

仲間集めの脇ストーリーだと思いますが、ニルバ島のイベントは4をやった人には感慨深いものがありますね。まだ群島諸国では、紋章砲の悲劇を忘れてはいないんですね…。多くの人は知らなくても、回収するという義務を果たしているんでしょう…おそらく。集めたものをこの先悪用しないことを祈ってますよ。
王者の紋章のおかげでこのイベントは雑魚戦ゼロです。ここに来る適正なレベルより強くなってるんでしょうね。タイミングはずしてるようです。

そしてクリアしてないのに攻略本は増えていく。みないように注意です。

幻想水滸伝5 ザ・コンプリートガイド 幻想水滸伝5 ザ・コンプリートガイド
電撃プレイステーション編集部

メディアワークス 2006-04
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

続きを読む "幻想水滸伝5 その19" »

2006/05/19

注文しちゃった…(BlogPet)

ネットで詳しくおろそかとかしてしまいました
しろが、マイブーム&
ヒカルの碁の分も結構入ってるらしいと聞くとつい(汗)
限定版は諦める理性が残ってることに安心しつつ、ネットでハマリなおします
そして他のことがおろそかになるのです…
勢いづいて画集を注文してしまいました
小畑健集英社206-05-31売り上げランキング:Amazonでハマリなおします
とか思ってるの。

*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「しろ」が書きました。

2006/05/18

ハリーポッターと謎のプリンス

これだけニュースになる本も珍しいですよね。前作は本屋さんで在庫が余ってる感じだったので今回はどうかな?などと本編の中身以外も気になってしまいました。

ハリー・ポッターと謎のプリンス ハリー・ポッターシリーズ第六巻 上下巻2冊セット (6) ハリー・ポッターと謎のプリンス ハリー・ポッターシリーズ第六巻 上下巻2冊セット (6)
J. K. ローリング J. K. Rowling 松岡 佑子

静山社 2006-05-17
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

続きを読む "ハリーポッターと謎のプリンス" »

2006/05/12

DEATH NOTE 11(BlogPet)

昨日、風音が
理想の世界を忘れてるわけではありませんが、神になるための気持ちにしか見えません。
とか言ってた?

*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「しろ」が書きました。

2006/05/11

注文しちゃった…

ただいま私的第何次かわからないヒカルの碁ブーム中です。時々思い返したようにハマリなおします。そして他のことがおろそかになるのです…。勢いづいて画集を注文してしまいました。

小畑健画集「blanc et noir」 小畑健画集「blanc et noir」
小畑 健

集英社 2006-05-31
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

前のは買ったけどこれはやめとこうと思ったんですが、マイブーム&ヒカルの碁の分も結構入ってるらしいと聞くとつい(汗)。限定版は諦める理性が残ってることに安心しつつ、楽しみに待っています。

2006/05/09

幻想水滸伝5 その18

あんまり進んでませんが、楽しい♪ この先更に進めるべきか、108星集めに戻るべきか…。
本拠地が前回レベルアップと書きましたが、違うかもしれません。内装は豪華になりましたが、水が引いてないので。

大穴とか

軍議でリムを戦場で奪還する作戦が行われることが決定です。新聞とか見た感じではかなり王子側が有利の情勢のようです。リムに会いたいけど、この作戦上手くいくのでしょうか? これ成功したら、ほぼこちらの勝ちですからね。
歯切れが悪いサイアリーズが気になります。この人ギゼルと因縁あるし、何か知ってるのかもしれません。

大穴へ行ってレヴィを仲間にしました。強そうな魔法使いは嬉しいですが、あんまりメインにかかわらないし、おじいちゃんだし、メインで使ってはいかない気がします。

2006/05/08

DEATH NOTE 11

連載もクライマックスで目が離せません。コミックスはそのクライマックスに向けてライトとニアの前哨戦です。

DEATH NOTE 11 (11) DEATH NOTE 11 (11)
大場 つぐみ 小畑 健

集英社 2006-05-02
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

続きを読む "DEATH NOTE 11" »

幻想水滸伝5 その17

久しぶりに幻水プレイしました。108星集めが義務っぽく感じてしまって、なかなかPSに向かう情熱がわいてこなかったんですね。ストーリーの先が知りたい!という気持ちがむくむくわいてきたので、やってみましたがやっぱり面白いんです。先が気になる~。

ドラート要塞

王子たちはゴドウィン側の重要拠点ドラート要塞を攻略することになりました。実の妹に剣を向ける覚悟があるか聞かれますが、私の王子はないだろう…たぶん。リムに甘甘です(^^;)。なので、回答もそのように。この兄妹愛が国を滅ぼしたりはしないと思うんですけど…確かに下手すると犠牲者が出てしまうのでしょうか。

ギゼル登場。ミアキスをリムから引き離します。こいつ本当に許せん! リムの味方が侍女くらいしかいなくなっちゃう! あんたが守るって、一番信用できません!

ドラートはこちらの流言(っていうか真実)の流布と、ちょっとした工作であっさり陥落してしまいました。アラニアが紋章を使ったことで、怒るゼラセとともに要塞内部へ進入しました。…なんで黄昏の紋章をアラニアが持ってるんですか!? 普通もう少し大物が持ってたりしないですかね? せっかく倒したもののアラニアはドルフに助けられて逃亡してしまいました。ミアキスに足止めされてしまって、追いつけませんでした。この一騎打ちは切ないですね。リムを大切に思う者同士なのに。

このあとは怒濤の展開、ようやくレックナートが出てきました。レックナート出てくると幻想水滸伝やってる感が強くなってきます。ゼラセとレックナートは対等なんでしょうか?口ぶりとか聞いてるとそんな感じ。ジーンに対しては明らかに遠慮してたのに不思議な関係です。ようやく石版も登場です。

そしてミアキスによりゲオルグの女王殺しが濡れ衣ではないという告発がなされます。う~ん、どういうことなんでしょうか。途中の軍師とゲオルグの会話も意味ありげ…というか何故いろいろお見通しなのかルクレティアさん。約束って何?
プレイヤーとしてはゲオルグは裏切ってないというのは、ほぼ確信なのでフェリドと二人で何を目的に何をしたのかというところが気になります。

そしてリムは戦場に出ると自分で宣言します。強い子です。もっと成長した後きちんと王位をついで欲しかったな~。いい女王になると思うんですけどね。

本拠地もレベルアップしたようです。お風呂とか出来てるはずなんですよね。全然施設を見てないので少しのんびりするか、先が気になるストーリーを進めるか、明日の気分次第ですね。

2006/05/05

箱はマのつく水の底!(BlogPet)

いつ、ネットで村田というか?
そして携帯の小話とコレそしてまた凄いところで終わり
やっと出ましたね〜
作者が忙しそうなんでしょう
色んな意味でユーリは使いでがあると思いますけど

*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「しろ」が書きました。

2006/05/04

クリムゾンクロス~死が二人を分かつまで~

小説『死が二人を分かつまで』のコミックス版です。といっても、こちらはカールとエリオットがメインです。強気前向きな女の子がいないとこんなに雰囲気変わるんですね~。

クリムゾンクロス―死が二人を分かつまで クリムゾンクロス―死が二人を分かつまで
ねぎし きょうこ

新書館 2006-04
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

続きを読む "クリムゾンクロス~死が二人を分かつまで~" »

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近読んだ本

BlogPeople


  • BlogPeople検索


    幻想水滸伝

Amazon



  • Amazonサーチ
    サーチ:
    キーワード:
    Amazon.co.jpアソシエイト
無料ブログはココログ