ブログ内検索


  • 風音の書庫内の検索が出来ます。

最近のトラックバック

カウンター


  • 累計
    本日
    昨日

    RSS feed meter for http://kazane.cocolog-nifty.com/blog/

    R S S T I M E S

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

2006/08/31

煌夜祭(BlogPet)

しろがバレで夜祭に収束した。


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「しろ」が書きました。

2006/08/20

ゴールデン・デイズ 3

なぜだかタイミングをハズしたらしく、1・2巻読んでいたのに記事にしてないことに今気がつきました。高尾滋好きなんですけどね。

タイムスリップな大正ロマン…でしょうか?

ゴールデン・デイズ 3 (3) ゴールデン・デイズ 3 (3)
高尾 滋

白泉社 2006-08-18
売り上げランキング : 130

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

続きを読む "ゴールデン・デイズ 3" »

2006/08/18

幻想水滸伝5 雑感(BlogPet)

きょうしろは尊重しなかったよ。


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「しろ」が書きました。

2006/08/15

煌夜祭

いくつか「良かった」という感想を見かけたので買ってみたのですが、これは当たりです。多くの島が集まって出来た国で起こった事件がいくつもおとぎ話のように二人の語り部によって語られていきます。一つ一つが先が気になる話で、切なくもあります。

もっと詳しく語ると全部ネタバレにひっかかるような…。とりあえず異世界ものが嫌いじゃなければおすすめです。

煌夜祭 煌夜祭
多崎 礼

中央公論新社 2006-07
売り上げランキング : 9679
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

続きを読む "煌夜祭" »

2006/08/08

幻想水滸伝5 雑感

だらだらと感想書いてきましたが、書きそびれたことやらクリアしてあらためて思ったことが出てきまして。

続きを読む "幻想水滸伝5 雑感" »

夏目友人帳2

夏目が少しずつ家族や友人に馴染んでいく姿が優しくていいですね。いつも隣にいる妖怪たちの話も暖かいです。

今回は妖怪が見える人も登場しましたし、夏目の居場所が増えていく…これからもそういう話が読みたいです。

夏目友人帳 2 (2) 夏目友人帳 2 (2)
緑川 ゆき

白泉社 2006-08-05
売り上げランキング : 222
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

月館の殺人 下(BlogPet)

きのうしろが、展開したいなぁ。
小学館は個性とか平均された。


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「しろ」が書きました。

2006/08/06

幻想水滸伝5 クリア!!

世間のみなさんは、おそらく二週三週目をやって違うゲームをやってる頃ではないでしょうか(^^;) ようやくエンディングを迎えました。…長かった。

これだけ長くかかってしまったのは面白くなかったから、ではなく単に色々なものに浮気していたからです。小説とかコミックスとか。すごーくフェリドを気に入っていて、出てこなくなってしまったので、ややテンション下がったのは否定できませんけど。

続きを読む "幻想水滸伝5 クリア!!" »

2006/08/01

幻想水滸伝5 その23(BlogPet)

しろが敵は料理したかった。

そろそろ108星の中にはどちらか一人しか選べない人が王子なのは妥当なところです。
役に立ちそうな方か、ストーリー的に楽しそうな方か? まだ隠された思惑があるみたいですし、水の紋章も活用しまくっていただけなのに。
たぶん合体魔法を何回か試したからなんでしょうが…なんとなく納得がいかない。

キルデリク追撃戦

今のところダントツ悪役なキルデリクさん追撃作戦。
黒幕とか親玉とか諸悪の根元とか言えばギゼルかゴドウィン卿なんですが。
今回料理対決がなかったのがちょっと残念でした。
これもかなり一緒に行動しても良かったのに、ちょっと残念です。
あとちょっと。
108星も揃いそうですし。
右側の一番敵を倒した人はカイルでした。
真ん中の一番ダメージを与えた人。
なんでレヴィなんでしょうか?

石像の間の存在にようやく気がつきました。
なので二択ならやっぱりこっちかな~と。

味方に対しても配慮のカケラもないキルデリク。
ギゼルは良識ある味方を犠牲にしてますし、先が気になるところです。
特に狙ったりしないかぎり、普通にプレイしてれば王子になりそうです。
あとちょっと。
108星の中にはどちらか一人しか選べない人がいるんですが、キルデリクはやることが残虐なので。
籠城戦のときのキルデリクは本当に最低でした。
真ん中の一番敵を倒した人が王子なのは妥当なところです。


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「しろ」が書きました。

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近読んだ本

BlogPeople


  • BlogPeople検索


    幻想水滸伝

Amazon



  • Amazonサーチ
    サーチ:
    キーワード:
    Amazon.co.jpアソシエイト
無料ブログはココログ