ブログ内検索


  • 風音の書庫内の検索が出来ます。

最近のトラックバック

カウンター


  • 累計
    本日
    昨日

    RSS feed meter for http://kazane.cocolog-nifty.com/blog/

    R S S T I M E S

« 夏目友人帳2 | トップページ | 煌夜祭 »

2006/08/08

幻想水滸伝5 雑感

だらだらと感想書いてきましたが、書きそびれたことやらクリアしてあらためて思ったことが出てきまして。

今回良く出来てたなと思うのは序盤ですね。前作4でおそらく一番物足りなかったのは何故主人公がリーダーとして戦ったのかという部分だと思います。意地の悪い見方をするとリノに利用されてるようにさえ見えました。
その点5は女王一家を非常に仲の良い魅力的な家族としたことで、王子の心情や行動を無理なく想像できました。しかも王位継承権がない王子ということで、家族には愛され王族として尊重されつつもやや無力な感じもあって、ファレナの現状の設定と合わせて惹きつけられました。

はじめる前はゲオルグばっかり見てましたが、フェリドは本当に格好良かった。家族ぐらい養える~あたりの発言は最高に素敵でした。
そしてリムがすご~くかわいい! 誇り高くでも素直で優しい。兄を一途に慕ってくれるので、すっかり兄馬鹿になっておりました。
この二人に会えなくなって、一時テンションが落ちました(^^;)。そしてフェリドは必ず再会出来ると思っていたので、真相をしったときはショックでした。

残念なのはゴドウィン卿とギゼルですね。途中で太陽の紋章に狂わされた…としても太陽宮を占拠した時は、まともな思考で動いていたはずでわざわざ王家に敵対したのが不思議です。
そしてゴドウィン卿の妻への思いも、ギゼルのサイアリーズへの思いも確かにあるようなのに、彼らの行動にどんな意味をもたらしたのかも謎。

期待していたゲオルグは中盤に会えないことが多くて残念でした。いつでも強くて余裕ある姿勢が素敵でしたけど。
2のゲオルグとの出逢いをもう一度見てみたくなってきました。直前のデータ残したはずなんです。

もう一つのエンディングはゲオルグ・リオンと旅立つというものらしいですが、ストーリー的には納得できませんが、魅力的。まとめて時間とれそうな時にやってみるつもりです。

« 夏目友人帳2 | トップページ | 煌夜祭 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52721/11328134

この記事へのトラックバック一覧です: 幻想水滸伝5 雑感:

« 夏目友人帳2 | トップページ | 煌夜祭 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近読んだ本

BlogPeople


  • BlogPeople検索


    幻想水滸伝

Amazon



  • Amazonサーチ
    サーチ:
    キーワード:
    Amazon.co.jpアソシエイト
無料ブログはココログ