ブログ内検索


  • 風音の書庫内の検索が出来ます。

最近のトラックバック

カウンター


  • 累計
    本日
    昨日

    RSS feed meter for http://kazane.cocolog-nifty.com/blog/

    R S S T I M E S

« EDGE 5 ロスト・チルドレン | トップページ | 万聖節にさす光 英国妖異譚14 »

2006/09/06

恐るべき子供たち イーシャウッドの幽霊と呪いの館

帯に美少年コメディってなってますが、その通り!ですね。真面目なためにちょっぴり不幸な主人公というのは、読んでる方からすると結構楽しいものです。

恐るべき子供たち―イシャーウッドの幽霊と呪いの館 恐るべき子供たち―イシャーウッドの幽霊と呪いの館
橘香 いくの

集英社 2006-09
売り上げランキング : 2771

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

耽美で人の意識を惹きつける美貌と堅実で真面目な性格…同じ顔の強烈なご先祖さまの伝説まで加わって、リーはつくづく気の毒です。並はずれた美貌が人を幸せにしないのも虚しい…。

先祖のリーオンは、リーの外見とショーンの中身を足して更にグレードアップ!って感じの人なんでしょうか。救われない悲劇の物語も読んでみたい気がしますけど、あんまり受けそうもない話なのかな~。

シリーズになりそうな、そうでもないような微妙な感じですね。売れ行き次第なんでしょうか。もう少し読んでみたい感じなので、続きがあるなら出て欲しいです。

普段あまりイラストは気にしないんですけど、リーオンが健康な少年すぎて耽美な美形に見えませんでした…。まあ耽美なイラストにすると色々内容に誤解を招きそうですけどね。

« EDGE 5 ロスト・チルドレン | トップページ | 万聖節にさす光 英国妖異譚14 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52721/11778642

この記事へのトラックバック一覧です: 恐るべき子供たち イーシャウッドの幽霊と呪いの館:

« EDGE 5 ロスト・チルドレン | トップページ | 万聖節にさす光 英国妖異譚14 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近読んだ本

BlogPeople


  • BlogPeople検索


    幻想水滸伝

Amazon



  • Amazonサーチ
    サーチ:
    キーワード:
    Amazon.co.jpアソシエイト
無料ブログはココログ