ブログ内検索


  • 風音の書庫内の検索が出来ます。

最近のトラックバック

カウンター


  • 累計
    本日
    昨日

    RSS feed meter for http://kazane.cocolog-nifty.com/blog/

    R S S T I M E S

2007/04/08

世界フィギュアスケート選手権 観戦

ものすごーく今更ですが、せっかくの東京開催ということで観戦してきました。楽しかった。21日と22日男子シングルが見たくてチケット取りましたが、それ以外も素晴らしかったです。ルール等よくわかっていないのですが、特に印象に残ったことだけ書いてみます。

場内FM放送というのがありまして、伊藤みどりさんはじめ色々な人たちが解説実況してくれました。アイスダンスとかわからないことが多くて、より楽しめました。良い企画でした。ただ上位選手になって、場内盛り上がってくるとあんまり聞いてなかったのは我ながらちょっともったいなかったですね(^^;)。

続きを読む "世界フィギュアスケート選手権 観戦" »

2006/12/04

NHK杯

今年トリノオリンピックの最中に我が家のテレビが壊れたんです。なんというタイミング!とだいぶ憤ってましたが、そこでデジタル対応テレビに換えたんです。それを感謝する日がやってまいりました。土曜日曜とBShiは、NHK杯を結構生放送してくれたのです。幸せでした。


昨日の女子フリーは、ややかためな演技ながらトリプルアクセルを着氷した浅田真央選手ととっても惹きつけられる村主選手、どちらもとっても良かった。どちらが勝ってもいいと思いましたが、やっぱり技術的なところでは浅田選手が突出してるみたいですね。


今日の男子フリーはトップ二人が接戦だったので、ドキドキしましたが高橋選手が本当に良かった。四回転もそうですが、全体の出来が素晴らしくて「いいもの見せてくれてありがとう」という気分でした。どっちのファンってわけでもないんですが織田選手もとても良かったので高橋選手が心配でした。プレッシャーに負けず、どちらも素晴らしい演技で良かった良かった。


私はスケーティングの質とか全然わからない観戦者なんですが、それでも素晴らしい演技というのは感動を与えてくれるものなんですね。

2006/03/05

Theater on Ice 2006

ミーハーですがトリノのエキシビションですっかり感動した後、別件でプレイガイドを見ていたらTheater on Ice 2006を見かけてついついチケット取ってしまいました。そんなので良い席なはずもなくA席でしたが、4日の昼の部楽しんできました♪

かなり後ろかつ角の方だったにもかかわらず、意外に選手が良く見えて一安心。しかし寒いです。膝掛けとカイロ持っていきましたがまだ寒かったです。ダウンとかちょうどいいかもしれないですね。
演技は素晴らしかったけど、運営はもうちょっとどうにかならないもんでしょうか? 入場までやけに時間がかかって、なぜか手荷物検査はなかったり。途中の25分の休憩でも終わらないトイレ待ちの列は誘導がないから二股に別れてて、なんだか良くわからないことになってましたよ…。

どうも明日フジ系列で放送するらしく、あちこちでテレビカメラを見かけました。テレビだと表情とか見られるのが楽しみですが、コメントがうるさそうだな~。

ちょっと気になったのは、なんだかお客さんが静かなこと。前の方の席(SSかな?)は手拍子とかしてるのが見えたのですが、私の席の周りは静かでした。手拍子しないことになってる…わけじゃないですよね? ノリが悪い私にしては珍しくやってしまいましたが。

いちいち演技について感想を書くととてつもなく長くなりそうなので省きますが、一番見たかった二人についてはちょっとだけ書きます。
荒川静香は当然ですが、今日一番の歓声でした。エキシビションと同じ曲だったと思いますが、やっぱり綺麗♪ 凄く忙しいんだろうと思いますが、雰囲気とっても良かったです。
プルシェンコはやっぱり凄かった。アクセル以外ほとんど区別がつかない私ですが、彼が軽々跳んでるのはわかりました。遠くてもトスカ生で見られて嬉しかったです。ファンになりつつあるみたいです。

アニシナ・ペーゼラ組が見られたのも嬉しかったですね。やっぱり女性がリフトしてくれたし。

もうちょっと詳しくなってまたフィギュアスケート見に行けたらいいなと思います。もっと良い席だったら最高。

2006/02/26

フィギュアスケート エキシビション

超ミーハーなんですが、オリンピックになるとフィギュアスケートを思い出して見ることになります。だいたい男子がメインなのは長野が忘れがたいからですね~。

今回まだ男女ともフリーを見ていなかったりするんですが、エキシビションだけ先に見てしまいました。全然詳しくもないし普段NHK杯見るかもくらいなので、ここに感想を書く気もなかったのですが、見ていてドキドキしてしまったので、ついつい。

途中までは普通に(?)見てました。サーシャ・コーエンが生き生きしていてこういうプログラム好きだな~とか、ジョニー・ウィアーが男の人なのに何でこんなに優雅なんだ!とか。あれ?アメリカの選手ばっかりですね。
道具使ったり、何でもありなところがエキシビションの楽しいところです。アイスダンスのイタリアのカップルなんて上手く道具を使ってましたよね。

プルシェンコが出てきて、ヴァイオリンとのぴったりはまった演技にびっくりしました。ソルトレイクの時も凄いと思いましたが、今回はエキシビションで感じるとは。アンコールもほぼ一曲滑ってるようでしたし、ジャンプは軽々だし、金メダル確実といわれて実際に取ってしまう…という実力は凄いですね。

すっかり心奪われてしまいましたが、フィナーレでもトリプルアクセル跳んだり、更にドキドキでした。いいもの見たな~。

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近読んだ本

BlogPeople


  • BlogPeople検索


    幻想水滸伝

Amazon



  • Amazonサーチ
    サーチ:
    キーワード:
    Amazon.co.jpアソシエイト
無料ブログはココログ